配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、法令の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

レボリューション

レボリューション
レボリューションはこれ一つでフィラリア(犬糸状虫)、猫回虫、ノミ、ミミヒゼンダニ(耳ダニ)からペットを守るマルチなお薬です。ノミについては成虫だけでなく、ペットの生活環境に潜んだ幼虫と卵に対しても優れた駆除効果を発揮します。
スポットタイプ(滴下式)のお薬ですので使い方も簡単です。ペットの背中に垂らすだけで、皮膚から吸収され速やかに全身に広がり、ノミ・ダニの駆除・予防効果が1ヶ月間持続します。また、回虫の駆除も同時に行え、毎月定期的に投与することでフィラリアも予防します。皮膚吸収型のため使用後のベタつきもなく、シャンプーをしても効果は落ちません。
安全性が高く副作用も少ないため、子猫や子犬にもご使用いただけます。また、複数の予防薬・駆除薬を併用するよりもペットの体への負担が少なく、飼い主さんにも経済的なお薬です。
有効成分: セラメクチン
効果: 犬糸状虫の寄生予防、ノミ成虫の駆除、ノミ寄生予防、ミミヒゼンダニ(耳ダニ)の駆除、猫回虫の駆除
メーカー: ゾエティス
・必ずペットの種類・体重に合った製品をお選びください。
・体重が当てはまらない場合には、主成分セラメクチン6mg/1kgを基準に分量を調節してください。
・生後6週齢未満の子犬、生後8週齢未満の子猫には使用しないでください。
・フィラリア成虫に対する殺効果はありません。投与を開始する前にはフィラリア検査が必要です。
・他の薬と併用する場合は必ず獣医師にご相談ください。

レボリューションの特徴

主成分セラメクチン
レボリューションの主成分は新成分セラメクチン。外部寄生虫と内部寄生虫の両方の駆除と予防を行うことが出来る新しいマクロライド系駆虫薬です。

これ一つでペットを守る
ノミに対する駆除効果は1ヶ月間持続します。また、卵の孵化を阻害し、カーペットに潜んだ幼虫にも効果があります。加えてフィラリアの予防と回虫、ミミヒゼンダニの駆除にも効果的です。

使い方が簡単
薬剤をペットの首筋に垂らすだけのスポットオンタイプですので投与が簡単です。皮膚から速やかに浸透し、2時間後にはシャンプーをしても効果に影響はありません。

高い安全性
生後6週間目の子犬、生後8週間目の子猫からお使いいただけます。また、妊娠中・授乳中のペットにも使用可能です。

スキンシップを妨げない
速乾性の皮膚吸収型なので乾燥後は、安心してペットとのスキンシップをお取り頂けます。

レボリューションの効果

レボリューションの効果 ペットショップやホームセンターなどで販売されているスポット剤は一定の効果はありますが、動物用医薬部外品の扱いであるため、効果にあまり期待ができません。

レボリューションは製薬会社のゾエティス(ファイザーアニマルヘルス)が開発した動物用医薬品ですので、フィラリアの予防に加えてノミ・ダニ、内部寄生虫の駆除・予防に対する確かな効果が実証されています。

通常は動物病院でしか購入できないお薬ですが、くすりペットナビをご利用いただければ海外から直接、より安価にレボリューションをお取り寄せ頂けます。
もちろん、国内の製品と成分や効果に差異はなく、国内でも認可されているお薬ですので安心してお使いいただけます。

主成分であるセラメクチンは単独で内部、外部の寄生虫の駆除と予防が可能な新しい駆虫薬です。ペットの背中に垂らすことで、皮膚から速やかに吸収されて血液中に溶け込み、ペットの全身に広がります。

一回の投与でノミの駆除効果が1ヶ月間持続します。毎月定期的に与えることで内部・外部の寄生虫から防御します。

また、安全性も高く、殺虫剤ではありませんので安心してペットにお使いいただけます。乾燥後に小さなお子様がペットの体に触れても害はありません。

フィラリア
フィラリア症はフィラリア(犬糸状虫)の成虫がペットの血管や心臓に寄生することで発症します。
レボリューションを投与すると血液中のセラメクチンの駆虫効果でフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を一掃します。定期的に投与することで、新たに蚊に刺されてフィラリア幼虫が血管内に侵入してきても、成長する前に殲滅するためフィラリア症を予防します。

ノミ
殺虫剤ではペットの生活環境に潜んだノミの卵や幼虫には効果が薄く、一度発生すると完全に退治することは困難です。
レボリューションを投与することで血を吸ったノミを死滅させるとともに、全身の毛や皮脂腺にセラメクチンが留まり、1ヶ月間継続的にノミを駆除・予防します。同時にメスの産卵と孵化も阻害し、幼虫の餌となるペットの皮脂や成虫の糞にも浸透するため、ベッドやカーペットなどに潜んだ幼虫にも有効です。

回虫
回虫はペットの小腸に寄生し糞便を通して二次感染を繰り返します。通常は経口薬で駆除できますが、ペットによっては吐きだしてしまう場合があります。
レボリューションは皮膚から血液中に浸透してお腹の中に作用するので、確実に回虫を駆除することが出来ます。

ミミヒゼンダニ(耳ダニ)
ミミヒゼンダニはペットの耳の中の外耳道という皮膚に寄生します。駆除するためには獣医によって点耳薬を頻繁に投与してもらう必要があります。
レボリューションは、一回の投与で耳道の皮下組織にまで行き渡りミミヒゼンダニを駆除します。一般的な点耳薬を毎日投与した場合と比較した実験では、より優れた駆除効果を示しました。

レボリューションの使い方

レボリューションは投与の簡単なスポットオンタイプのフィラリア予防薬兼ノミ・ダニ駆除薬です。犬や猫の首筋に垂らすだけで、成分が皮膚から吸収されて全身に行き渡ります。
レボリューションの使い方 使い方は簡単です。キャップを押しこんでチューブに穴を開け開封したら、ペットの首筋(肩甲骨の間)にノズルを当てて、ゆっくり液状の薬剤を絞り出すだけです。軟膏剤のようにすりこむ必要はありません。

まれに投与部に粉末状の残留物があったり、毛が固まったり、毛色が変化することがありますが、一時的なもので、効果や安全性に問題はありません。
フィラリアの投薬期間 これを月に一回、駆除・予防のために毎月継続して投与します。
フィラリアの予防には蚊が発生から1ヶ月以内に投与を始め、終息の1~2ヶ月後まで毎月与えるようにします。

忘れない為にもなるべく毎月同じ日に投与するようにしましょう。月によって日数の前後がありますが、数日の誤差は問題ありません。
カレンダーに印を付けるか、スマートフォンのリマインダ機能をお使いいただくと便利かもしれません。

万が一、投与を忘れてしまった場合も1ヶ月以内であれば使用を再開することでフィラリア及び寄生虫ノミ・ダニの予防が可能です。
1ヶ月以上過ぎた場合はフィラリアの幼虫が成長してしまっている可能性がありますので、医師へご相談ください。

フィラリア対策の基礎知識

レボリューションはフィラリアの予防薬として適切にご使用いただくとフィラリア症の発症を完全に防ぐことが出来ます。正しくお使いいただくためにフィラリアの生態について知っておきましょう。

フィラリア症とは
フィラリアは蚊を媒介にしてフィラリア(犬糸状虫)が犬や猫に寄生し、ペットの体内で成長することで発症する病気です。

原因となるフィラリアは白色の糸状の寄生虫で、成長すると30cmもの長さになります。そして産卵を繰り返し、何十匹もの塊が大切なペットの心臓や肺動脈を蝕み、命を危険に晒します。

猫が寄生された場合、フィラリアの陽性検査をしても発見することが難しく、医師すらもフィラリアと気がつかないまま亡くなってしまうケースがあります。

フィラリア感染の仕組み
フィラリア感染の仕組み フィラリアに感染した動物の血を吸った蚊が媒介となり、フィラリアの幼虫であるミクロフィラリアがペットの血管内に侵入してきます。

幼虫は心臓や肺動脈に向かって血管内を移動しながら成長し、70日前後で成虫になります。

その後産卵を行い、血液中に大量のミクロフィラリアを排出し、この血を吸った蚊によって二次感染が引き起こされます。

フィラリアの症状
フィラリアに感染してもすぐには症状は現れません。特に猫の場合は表面上の症状が軽く、風邪や老化による症状と見分けがつきません。

主な症状としては、体力低下、食欲不振、咳、呼吸困難、痩せ細るなどがあります。
さらに病状が進むとお腹が腫れたり、血尿が出る場合があります。

しかし、実際にはそうめん状の寄生虫が心臓や肺動脈の中で血管を詰まらせ命を蝕んでいるのです。

フィラリア症の治療法
フィラリア症の治療法として投薬による駆除があります。主に体力のある犬の場合にこの処置がとられることがありますが、大量のフィラリアの死骸が血管を塞ぎ病状を悪化させるリスクがあります。

悪化した場合は外科手術が必要です。切開して心臓内の成虫を取り除きますが、ペットに身体的な負担を強いることになります。

手術に耐えられない場合は、症状を和らげるという処置が取られます。つまり、フィラリアには手をつけず、苦痛だけを取り払ってあげる形となります。

いずれにしても、フィラリア症の治療にはペットの命の危険や身体的な負担、治療費による飼い主さんへの経済的な負担が伴います。
また、残念ながら、猫の場合有効な治療法はありません。フィラリアはかかる前に未然に防ぐことが大切なのです。

フィラリア症の予防法
フィライアを防ぐ唯一の方法は定期的に予防薬を投与することです。
予防薬といっても、フィラリアの予防薬はワクチンのように抗体を持たせるものではありませんので、一回与えて終わりという訳にはいきません。正確にはフィラリアを駆除するお薬となっており、月に1回の定期的な投薬で成虫になる前の幼虫を一掃し、フィラリア症の発症を防ぐというのがフィラリア予防の仕組みです。

投薬を開始する前には、動物病院でフィラリア感染の有無を検査する必要があります。既に成虫が寄生していた場合、駆除効果によって大量の死骸が血管を塞ぎショック症状を起こすリスクがあるからです。

投薬の開始時期は、その年の蚊の発生から1ヶ月以内となりますので、蚊を見かけたら投薬を始め、毎月同じ日に継続して投与します。
重要なのが投薬を終える時期です。フィラリアの幼虫は蚊に刺されてから1ヶ月ほど皮下組織に隠れている場合があるため、蚊がいなくなってから1~2ヶ月は投薬を続けるようにしましょう。

しかし、近年では温暖化の影響などで蚊が成虫のまま越冬することも珍しくなくなりました。蚊は気温15度以上で吸血活動を始めますので、冬でも暖かい室内では活発になります。そのため、最近では多くの医師が通年投与を推奨しています。

ノミ対策の基礎知識

ノミは刺されると痒いだけでなく、アレルギーの原因や感染症を引き起こす怖い虫です。一度発生してしまうと完全駆除は容易ではありません。ノミに関する理解を深めてしっかりと対策をしましょう。

ノミについて
ノミは散歩先でペットに寄生し、家まで付いてきて繁殖します。ペットに付いているノミは多くが成虫であり、実は全体の5%でしかありません。残りの95%は卵や幼虫、サナギの状態でペットの周囲に潜んでいるのです。一般的な殺虫剤は成虫にしか効かず、せっかく成虫を駆除しても残りの95%が次々と羽化してまた繁殖してしまうのです。

ノミのライフサイクル
ノミは卵、幼虫、サナギ、成虫の4段階を経て繁殖を繰り返します。
ノミの根絶には一時的な成虫の駆除だけでは十分ではありません。このライフサイクルを完全に断ち切る事がノミ対策の鍵となります。
ノミのライフサイクル 1.
成虫がペットに寄生すると血を吸い24~48時間で産卵します。1匹のノミが産む卵は一日あたり20~50個と言われ、120日間生き続け、毎日のように吸血と産卵を繰り返します。
産み落とされた卵はペットの体表から落下し、ペットの寝床やカーペットなどに散乱します。

2.
卵は3~4日で孵化します。

3.
幼虫はペットの垢やフケ、成虫の糞を栄養にして7~18日でサナギへと変態します。

4.
サナギはカーペットの繊維などに紛れてゴミや埃でカモフラージュし、10日ほどで成虫へと羽化します。羽化するとすぐにペットに飛びつき吸血と産卵を行い始めます。


ノミが引き起こす被害
ノミに刺されると激しい痒みが起こります。一匹でも数か所刺すため、大量の成虫が発生していた場合、その苦痛は尋常ではありません。
一日中全身を掻きむしって毛がボロボロになったり、傷口が化膿したり、ノミアレルギー性皮膚炎を起こします。

さらに、子犬や子猫が大量のノミに毎日血を吸われると貧血を起こすこともあり危険です。

また、ノミの体内にはサナダムシ(瓜実条虫)の幼虫がいることがあり、ペットがグルーミングでそのノミを食べると寄生されてしまいます。


ノミ対策
ノミの撲滅はペットについた成虫の駆除だけでなく、卵や幼虫、サナギが生息する環境への対策も同時に行うことでより効果的になります。

ペットの寝床やソファーなどのお気に入りの場所、畳やカーペットなどは頻繁に掃除機をかけるようにしましょう。掃除機に溜まったゴミの中には大量のノミの卵や幼虫、サナギがいますので、ビニール袋で密閉してすぐに捨てるようにします。

次にノミの駆除薬ですが、一般に販売されているものでは効果が弱く持続性もないため、動物用医薬品を使用しましょう。
レボリューションは一回でノミ駆除効果が1ヶ月持続するため、次々と湧く成虫を全て駆除することができ、新たな寄生を予防します。また、産卵を阻害するのでノミのライフサイクルを断ち切ります。さらに幼虫の餌となる成虫の糞やペットのフケにも成分が行き渡るので、羽化を待つ幼虫も駆除します。

ノミは気温が13度あれば繁殖が可能ですので、室温が一定に保たれた人間の家屋はノミにとって常夏のパラダイスとなります。そのため、ノミの対策は一時的でなく年間を通して行う必要があります。

レボリューションの値段

レボリューションの値段 レボリューションのような動物用医薬品は人間用と異なり、販売される値段について定めた法令が存在しないため、それぞれの動物病院で勝手に価格設定出来ることになっています。
したがって病院によって料金に開きがあります。それに加えて診察料と検査料などがかかりますので、病院によっては高額になる場合があります。

また、一度にお薬をまとめて処方してくれる獣医さんもいれば、少量ずつしか渡してくれない獣医さんもいます。レボリューションのようにペットの生涯を通して継続投与する予防薬の場合、何十回も動物病院へ行く必要があり、その度に診察料と検査料がかかってしまいます。

当然ですが公的な健康保険も適用できませんので、飼い主さんにとっての経済的な負担は少なくありません。
既にレボリューションを処方されているペットであれば、当サイトの個人輸入通販に切り替えることでこれを大幅に節約することが出来るのではないでしょうか。

また、レボリューションにはヨーロッパ販売版のストロングホールドという商品があります。名称とパッケージが異なるだけで中身は同じものになります。
こちらの方がお買い得なため、当サイトではストロングホールドをおススメしています。

犬用
レボリューション子犬・子猫用(2.5kg以下)  1本あたりの最安値 1,123円
ストロングホールド子犬・子猫用(2.5kg以下) 1本あたりの最安値 800円

レボリューション超小型犬用(2.6~5kg)  1本あたりの最安値 1,218円
ストロングホールド超小型犬用(2.6~5kg) 1本あたりの最安値 1,000円

レボリューション小型犬用(5.1~10kg)  1本あたりの最安値 1,472円
ストロングホールド小型犬用(5.1~10kg) 1本あたりの最安値 1,015円

レボリューション中型犬用(10.1~20kg)  1本あたりの最安値 1,535円
ストロングホールド中型犬用(10.1~20kg) 1本あたりの最安値 1,121円

レボリューション大型犬用(20.1~40kg)  1本あたりの最安値 1,662円
ストロングホールド大型犬用(20.1~40kg) 1本あたりの最安値 1,275円

猫用
レボリューション子犬・子猫用(2.5kg以下)  1本あたりの最安値 1,123円
ストロングホールド子犬・子猫用(2.5kg以下) 1本あたりの最安値 800円

レボリューション猫用(2.6~7.5kg)  1本あたりの最安値 1,186円
ストロングホールド猫用(2.6~7.5kg) 1本あたりの最安値 985円
TOPに戻る