配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
【年中無休】電話注文受付
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、法令の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

ポミソル点耳薬

更新日:
ポミソル点耳薬
ポミソル点耳薬
ポミソル点耳薬は犬の細菌性、真菌性の外耳炎治療薬です。
4つの有効成分配合で、細菌・真菌を殺菌し、炎症を和らげることで外耳炎のかゆみや痛みを改善します。
内容量: 1本/15ml
有効成分: オフロキサシン・クロトリマゾール・ベタメタゾンジプロピオン・リグノカイン
効果: 犬用・マラセチア・外耳炎・真菌・細菌・炎症・かゆみ
メーカー: インタスファーマ
ポミソル点耳薬 15ml
個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1本 価格 1本 価格
1本 ¥1,600 ¥1,600 ¥1,300 ¥1,300 39pt 購入する
3本 ¥1,600 ¥4,800 ¥1,166 ¥3,500 105pt 購入する
6本 ¥1,600 ¥9,600 ¥1,000 ¥6,000 180pt 購入する
成分一覧
オフロキサシン 0.3%、クロトリマゾール 1.0% 、ベタメタゾンジプロピオン酸エステル 0.025% 、リグノカイン(リドカイン)塩酸塩 2.0% 、グリセリン・プロピレングリコール基剤 適量
商品説明
【商品の特徴】
・犬の細菌、真菌性外耳炎治療薬
・4つの有効成分配合
・細菌と真菌を殺菌
・炎症、かゆみ、腫れ、赤みを緩和

【犬用の外耳炎治療の点耳薬】
ポミソル点耳薬は細菌性、真菌性の外耳炎を治療する犬用の点耳薬です。
有効成分が細菌と真菌を殺菌し、炎症を緩和することで外耳炎に伴うかゆみや痛み、腫れなどの症状を改善します。

【ポミソル点耳薬の有効成分】
ポミソル点耳薬はオフロキサシン、クロトリマゾール、ベタメタゾンジプロピオン、リグノカインの4つの有効成分が配合されています。
それぞれの効果は下記になります。

・オフロキサシン
グラム陽性菌、陰性菌などに対し殺菌効果があり、細菌のDNA複製を阻害することで殺菌効果を発揮します。

・クロトリマゾール
マラセチアなどの真菌に対し効果のある成分で、真菌の代謝を阻害し、死滅させる効果があります。

・ベタメタゾンジプロピオン
炎症を抑える効果のある副腎皮質ホルモン(ステロイド)です。
炎症を抑え、かゆみや腫れ、赤みなどの症状を改善します。

・リグノカイン(リドカイン)
即効性のある局所麻酔成分で強い効果があります。
ヒスタミンの作用を抑え、かゆみなどの症状を緩和します。
使用方法
・患部へ滴下、塗布後、耳の付け根あたりを優しくマッサージしてください。
注意事項
・外耳道を傷つける恐れがありますので、容器の先端が直接耳に触れない様に注意してください。
・鼓膜に穿孔のある場合や炎症が鼓膜周辺まで及ぶ場合には投与できません。
・安全性が確認されていないため、妊娠中、授乳中の動物には投与できません。
・本剤成分及びその類似化合物に対し、過去に過敏症の認められた動物に投与する場合には、慎重に投与の可否を判断してください。
・本剤の有効成分ベタメタゾンジプロピオン酸エステルには、実験動物で催奇形性を有するとの文献報告がありますので、妊娠又は妊娠している可能性のある動物に投与する場合には、獣医師の指導の下慎重に投与の可否を判断してください。
・使用にあたり、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として本剤投与前に起因菌のオフロキサシンに対する感受性を確認し、適応症の治療上必要な最低限の期間、慎重な投与を行い、15日以上の投与は行わないでください。
・症状が改善されない場合は投与を中止し他の薬剤を使用してください。
副作用
・まれにグロブリン、アルブミンの減少及びALT(GPT)、ALPの上昇が見られることがありますので、投与前には血液生化学的検査を実施し、検査値に異常が認められた場合は投与しないでください。
・投与期間中は定期的に血液生化学的検査を実施し、検査値に異常が認められた場合は投与を中止し適切な処置をお受けください。
・まれに耳痛がみられることがあります。
・副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察をお受けください。
TOPに戻る