配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
【年中無休】電話注文受付
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、法令の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

シャンプー

更新日:
マラセブシャンプー
1本
¥2,633
在庫あり
マラセブシャンプー
オススメ!犬・猫のマラセチア皮膚炎の治療に使用する殺菌作用のある薬用シャンプーです。マラセチア皮膚炎の原因菌を殺菌するとともに、繁殖の温床となる余分な皮脂を洗い落します。
ミコテックスシャンプー
1本
¥2,450
在庫あり
ミコテックスシャンプー
ミコテックスシャンプーは犬・猫のマラセチア皮膚炎治療の薬用シャンプー「マラセブシャンプー」のジェネリックです。同じ効果でお買い得です。
リチャードオーガニクスノミダニシャンプー
1本
¥3,000
在庫あり
リチャードオーガニクスノミダニシャンプー
大地の恵み豊かなオーガニック原料でできたノミ取りシャンプーです。スポットオンタイプのノミマダニ駆除薬との相性◎ 蚊の忌避も。
ダーマケアナチュラルシャンプー
1本
¥2,526
在庫あり
ダーマケアナチュラルシャンプー
動物病院やトリミングサロンでも人気の天然成分のシャンプーです。皮膚科専門獣医師が開発に関わった石鹸成分を含まない低刺激・低アレルギー性の肌にやさしいシャンプーですので、肌が敏感なペットやアレルギー性皮膚炎のペット、子犬・子猫に最適です。
ヴェトセブ(サルファサリチル酸シャンプー)
1本
¥2,300
売切れ
ヴェトセブ(サルファサリチル酸シャンプー)
サルファサリチル酸シャンプーと同じ硫黄とサリチル酸を含む犬専用薬用シャンプーです。硫黄は皮膚の角質溶解と形成作用を持ち、サリチル酸は止痒、静菌作用を持っており、重度の脂漏症を含むその他の皮膚疾患の治療に使用されます。
ピョダームSシャンプー(犬用)
1本
¥3,500
在庫あり
ピョダームSシャンプー(犬用)
クロルヘキシジンを有効成分とし、膿皮症、マラセチア皮膚炎改善のための犬用抗菌薬用シャンプーです。クロルヘキシジンは幅広い抗菌スペクトルを持っており、マラセチア属真菌をはじめする多くの真菌・細菌に対して有効な成分です。
プロポリスワン・ペット用シャンプー
1本
¥2,500
在庫あり
プロポリスワン・ペット用シャンプー
虫除け、抗菌、かゆみ止め、皮膚と毛の保護などの作用がある天然成分を贅沢に配合した、ノミ・ダニ対策に有効なペット用シャンプーです。また、フィラリアの原因となる蚊に対しても忌避効果を発揮します。
エリナEP
1本
¥2,700
在庫あり
エリナEP
アーユルヴェーダに基づいた天然ハーブの虫除けシャンプーです。虫が苦手なユーカリと細菌や真菌から皮膚を保護するニームを配合。ダニ、ノミ、シラミを防除し、マラセチア皮膚炎と膿皮症の予防と管理にも最適です。
エリナ
1本
¥1,900
在庫あり
エリナ
ヒマラヤ社が製造販売する犬・猫用天然シャンプー。痒みやふけを抑え、マラセチア皮膚炎と膿皮症の予防と管理に最適です。エリナに含まれるニームの抗菌作用がかゆみの緩和、細菌と真菌から皮膚を保護し、皮膚の健康をサポートします。
フレッシュコート
1本
¥2,200
在庫あり
フレッシュコート
2ヵ月齢までの子犬、子猫にも使える、すすぎのいらないシャンプースプレーです。スプレーするだけでペットに付いた雑菌を殺菌し、さわやかなシトラスの香りで包み込みます。ダニなど寄生虫を寄せ付けない忌避効果もあります。
リチャードオーガニクスアンチバクテリアシャンプー
1本
¥3,200
在庫あり
リチャードオーガニクスアンチバクテリアシャンプー
オーガニックな洗浄成分と抗菌作用のあるエッセンシャルオイル(ティーツリー・ニーム)を配合し、汚れや臭いを洗い落とすとともにしっかり除菌。更に虫除け効果でノミ、ダニ、蚊などからペットを守ります。
リチャードオーガニクスデオドラントシャンプー
1本
¥3,400
在庫あり
リチャードオーガニクスデオドラントシャンプー
オーガニックのローズマリーエキスとラベンダーオイルを配合したデオドラントシャンプーです。不必要な皮脂と汚れとともに悪臭を洗い落とし、ナチュラルな成分で皮膚の乾燥・肌荒れ・フケ・かゆみを抑え、皮膚を健やかに保ちます。
アロビーンオートミールコンディショナー
1本
¥2,166
在庫あり
アロビーンオートミールコンディショナー
洗い流し不要の犬・猫用低刺激保湿コンディショナーです。オートミールとアロエベラが配合され、肌の乾燥やかゆみにお悩みのペットへ潤いを与え保湿します。どの年齢のペットでもお使いいただけるコンディショナーです。
アロビーンオートミールシャンプー
1本
¥3,600
在庫あり
アロビーンオートミールシャンプー
ナノ技術で開発された弱酸性の犬・猫用低刺激保湿シャンプーです。オートミールとアロエベラが配合され、乾燥やかゆみ肌などお悩みのペットへシャンプーすることで肌に潤いを与え保湿します。どの年齢でもお使いいただけます。
エピスースシャンプー
1本
¥2,766
売切れ
エピスースシャンプー
10月中旬入荷予定 エピスースシャンプーは天然成分のオートミールで皮膚の炎症を優しくケアし、皮膚の保湿・保護効果のある犬猫兼用のシャンプーです。
エピスースコンディショナー
1本
¥3,066
売切れ
エピスースコンディショナー
エピスースコンディショナーは犬猫兼用の皮膚の痒みをケアし、被毛に潤いを与える天然成分のオートミールが配合されたコンディショナーです。
フロントラインペットケア・ホワイトコートシャンプー
1本
¥2,750
在庫あり
フロントラインペットケア・ホワイトコートシャンプー
白や明るい色の犬猫専用のシャンプーです。被毛本来の白さを、より鮮やかに引き立て、紫外線などのダメージから守ります。 植物由来の有効成分を配合した低刺激でしっかりとした洗浄力のシャンプーです。
フロントラインペットケア・センシティブスキンシャンプー
1本
¥2,750
在庫あり
フロントラインペットケア・センシティブスキンシャンプー
フロントラインペットケア・センシティブスキンシャンプーは敏感肌の犬猫兼用シャンプーです。低刺激で紫外線から被毛を保護しながら自然な艶を与えます。
フロントラインペットケア・オウダーコントロールシャンプー
1本
¥2,750
在庫あり
フロントラインペットケア・オウダーコントロールシャンプー
フロントラインペットケア・オウダーコントロールシャンプーは、犬猫兼用のシャンプーで、被毛を清潔で健康的に保つため開発された抗菌作用のあるシャンプーです。
フロントラインペットケア・ダークコートシャンプー
1本
¥2,750
在庫あり
フロントラインペットケア・ダークコートシャンプー
フロントラインペットケア・ダークコートシャンプーは黒やグレーなどのダークカラーの被毛を持つ犬・猫専用のシャンプーです。濃く美しい色を引き立て艶を与え、紫外線から被毛を守る植物由来のシャンプーです。
アフロートVET低刺激シャンプー
1本
¥3,233
在庫あり
アフロートVET低刺激シャンプー
アフロートVETシャンプーは、デリケートな犬の肌にも使用できる、優しく汚れを洗い流しす低刺激のシャンプーです。3ステップで敏感肌の愛犬の皮膚を守りましょう。
メディダームシャンプー犬用
1本
¥4,150
在庫あり
メディダームシャンプー犬用
マラセチア皮膚炎を予防するための犬用シャンプーです。有効成分ピロクトンオラミンがマラセチア皮膚炎の原因菌マラセチア菌を殺菌します。皮膚にダメージを与える界面活性剤を含んでいない優しいシャンプーです。
セバゾールシャンプー
1本
¥3,400
売切れ
セバゾールシャンプー
脂漏性皮膚炎や膿皮症など幅広い皮膚感染症による痒みを抑えることが出来る犬・猫用の薬用シャンプーです。4つの有効成分が配合され、マラセチアなどの対して抗真菌性、スタフィロコッカスなどに対しての抗菌性を有するシャンプーです。
ニームプロテクトシャンプー(虫除け)
1本
¥3,500
売切れ
ニームプロテクトシャンプー(虫除け)
※取扱終了※
天然成分のペット用害虫予防シャンプーです。虫が苦手とするニームオイルが配合されているため、害虫からペットを守ることができます。ニームには乾燥や炎症を防ぐ効果もあり、天然素材なのでペットにはやさしいシャンプーです。
ペットヘックスシャンプー
1本
¥2,650
売切れ
ペットヘックスシャンプー
※取扱終了※
ペットヘックスシャンプーは、皮脂の健康状態を正常に戻し、マラセチアを殺菌する効果のあるシャンプーです。
ペットダーム薬用シャンプー
1本
¥2,400
売切れ
ペットダーム薬用シャンプー
※取扱終了※
ゾエティス(ファイザー)が販売する犬のマラセチア皮膚炎の治療用シャンプーです。マラセチア皮膚炎の原因菌を殺菌するとともに、繁殖の温床となる余分な皮脂を洗い落します。

ペット用シャンプーについて

ペットにシャンプーをする理由は、汚れを取ることだけではありません。

皮膚トラブルノミダニを防ぐためでもあります。

犬の被毛の中は暖かく、ノミダニにとって最高の住み家です。

ノミダニに寄生されることによって痒みが発生し、体を頻繁に掻くようになり皮膚トラブルにも繋がってしまいます。

そうならないためにも定期的にシャンプーをし、ペットの体を清潔に保ってあげることが大切です。

シャンプーの頻度やシャワーの温度など、ペットの正しいお風呂の入れ方について理解しておきましょう!

  1. 目次
  2. ペット用シャンプーとは
  3. シャンプーの必要性
  4. 上手なシャンプーの方法
  5. シャンプーの頻度
  6. 犬のシャワーのお湯の温度
  7. シャンプーの手順
  8. 猫のシャンプーについて
  9. おすすめのシャンプー

ペット用シャンプーとは

ペット用シャンプーとは

ペットに人間用のシャンプーを使用してはいけません。

なぜいけないのか。

犬の肌は人間よりも薄く肌のpH値が違い、デリケートなのが大きな理由です。

犬も人間も皮膚の構造はほとんど同じですが、皮膚の表皮に違いがあります。

pH値が人間は弱酸性(pH4.5~6.5)なのに対して、犬は中性~弱アルカリ性(pH7.0以上)と異なります。

皮膚の表皮は、細胞がレンガのように積み重ねられた層になっています。

人間の表皮は10~15層程度(約0.1mm)の細胞層ですが、犬は2~3層程度(約0.05~0.1mm)の細胞層と人の約1/3の厚さになっています。

人間の赤ちゃんの場合が大人の1/2~1/3とされているので、犬の皮膚は人間の赤ちゃんと同じか、それ以上に繊細です。

そのため、犬の肌は人間よりも不安定で乾燥しやすく細菌を引き寄せやすいのです。

人間用のシャンプーでは刺激が強すぎるので、犬の皮膚を傷めてしまわないために必ず専用のシャンプーを使うようにしてくださいね。

また、犬のシャンプーと言っても大きく2種類に分けられます。

まず一つは洗浄効果を得る「美容シャンプー」で、もう一つは皮膚を保護する「薬用シャンプー」です。

どちらのシャンプーも愛犬が快適に過ごすための必須アイテムです。

犬種や被毛の長さ、被毛の種類によってそれぞれ愛犬に合った美容シャンプーを選んでください。

「コンディショニングシャンプー」は、犬種や毛質に応じて選べます。

例えば、ロングコートならしっとり感を与え、スムースコートだと被毛を良い状態にします。

ホワイトカラーの被毛の場合は、汚れを取り除き白さをキープしやすいという特徴があります。

「リンスインシャンプー」は、シャンプーのあとにコンディショナーを別で使用しなくても済むようになっています。

ひとつでコンディショニング効果も得られるので、シャンプーの時間が苦手な犬にも使いやすいです。

「クレンジングシャンプー」は、シャンプーをする前の下洗いで使います。

犬が逃げたり嫌がったりしないように、爽快感を与えるものになっています。

シャンプーの必要性

シャンプーの必要性

愛犬を定期的にシャンプーして綺麗にすることは大切です。

定期的なお手入れをすることによって、皮膚病や寄生虫から守ることができます。

つまり健康に関係しているんです。

犬の毛には空気中の汚れや匂い、フケなどが付着しています。

また、毎日お散歩する自然の中にはノミやダニがたくさん潜んでいます。

犬の被毛はノミやダニにとって良い住み家なので寄生されてしまいます。

ノミダニの中には人間に寄生するものもいるんです。

この状態を放っておくと、汚れた毛を舐めることによって健康に害が出たり、犬の体の臭いや皮膚の痒みも強くなってくるわけです。

そして痒みによって体を頻繁に掻くようになり、皮膚トラブルにも繋がります。

そうなると飼い主と愛犬のスキンシップも取れなくなってしまいますよね。

シャンプーは、飼い主と愛犬のどちらもが健康に気持ちよく生活するために重要なケアです。

上手なシャンプーの方法

上手なシャンプーの方法

シャンプーをせず放っておくともちろん皮膚トラブルにつながりますが、シャンプーの頻度が多くてもシャンプーのしすぎによることが原因でトラブルになる場合も多いのです。

間違ったシャンプーで愛犬を傷つけないために注意してもらいたいポイントをまとめました!

シャンプーの頻度

正しいシャンプーの頻度は、それぞれ異なります。

皮膚トラブルなどを患っている犬は、シャンプーの回数を増やす場合もあるので、愛犬に合った頻度を知ることが大切です。

かかりつけの獣医師さんやトリマーさんに相談しながら、最適な頻度を探しましょう。

犬のシャンプーの頻度は月に1~2回が望ましいとされています。

月に1~2回シャンプーをすれば、清潔に保てる状態になります。

夏でも冬でも基本的にシャンプーの回数は同じです。

たまに、週に一度や毎日シャンプーをしている方もいますが、そういう犬に限って皮膚のトラブルを抱えている場合が多いです。

それらの皮膚トラブルもシャンプーのしすぎによる原因の可能性が高いです。

ただ、獣医師さんの方針でこまめにシャンプーをする場合は、特に問題ありません。

処方されているシャンプーは通常のものより低刺激なので、皮膚トラブルなどで頻繁にシャンプーするように開発されています。

犬のシャワーのお湯の温度

犬は人間よりも皮膚が薄くデリケートなので、35度~37度くらいのぬるま湯に設定しましょう。

犬は全身毛で覆われているので、人間のように迅速に体温調節ができません。

それ以上の熱い温度にするとのぼせた状態になり、脱水症状になる場合があります。

また、温度が低すぎても風邪を引いてしまう原因になるため、シャワーの温度には気をつけましょう。

シャンプーの手順

1.ブラッシング

シャンプーをする前にブラッシングをしましょう。
シャンプーをするとたくさん毛が抜けます。
余分な毛が残ったままゴシゴシすると毛の絡みの原因になります。
そして、シャンプー前に予めブラシで汚れを落としておくことで泡立ちが良くなります。

2.体を濡らす

ぬるめの温度に設定し、お尻から濡らすようにします。
顔から濡らすと犬がびっくりして嫌がる可能性が高いです。
お尻から流していき、徐々に頭にむかって流していきましょう。
シャワーヘッドを犬の体に密着させると、刺激や音が小さくなりペットへのストレスも減るでしょう。
顔はスポンジやタオルなどで軽くこすり、目や耳に水が入らないように工夫してあげてくださいね。

3.シャンプー

全体をしっかりと濡らしたところでシャンプーを開始します。
シャンプーを泡立て、洗っていきます。
濡らした時と同じ順番で洗っていくと怖がらないと思います。
目にシャンプーが入らないように注意し、優しく洗うことが大切です。
洗い流す時は、顔からお尻にかけて流します。
シャンプーが残ると皮膚炎やフケの原因になるので、しっかりと洗い流してください。
特に毛が長い子は毛の間にシャンプーが残ってしまうので、丁寧にすすぎをしましょう。
ここでも耳や目に入らないよう、顔周りには注意してください。

4.体を乾かす

前述の通り、犬は体温調節が苦手なため、濡れたままの状態でいると体温がどんどん奪われてしまいます。
シャンプーが終わったらまずはできる限りタオルで水分を拭き取ります。
最後はドライヤーを使って乾かしましょう。
ドライヤーの温度は低めの温風か送風にします。
皮膚近くの毛を湿ったままにしておくと皮膚トラブルの原因になるので、毛を掻き分けて根元の方からじっくり乾かしていきます。
皮膚が熱くならないように、犬の体に手を当てて温度を確認しつつ乾燥させましょう。

猫のシャンプーについて

猫のシャンプーについて

猫にシャンプーは必要なのか。答えはノー。

基本的に、猫はシャンプーが必要な動物ではありません。

猫は一生シャンプーをしなくても自分で毛づくろいして綺麗な毛並みを維持できます。

もともと体臭も少ないので、特に室内飼いの場合は毛が汚れる機会もほぼないでしょう。

ただ、中には体臭が強めの猫もいますし、外を出歩く猫の場合は雨や泥などで汚れて帰ってくることもあるので、猫が嫌がらないのであればたまにシャンプーするのもいいでしょう。

猫のシャンプーの頻度は、特別な理由がなけらば年に1~2回がおすすめです。

あまり頻度が高いとシャンプー嫌いの猫にとってはストレスを感じますし、皮膚トラブルにも繋がります。

猫シャンプーの方法とコツは下記の通りです。

1.ブラッシング

全身を丁寧にブラッシングし、引っかかったら無理せず、ゆっくりと毛を解きほぐすようにやるのがコツです。
毛がもつれていると濡らしたところで固まってしまい、余計な毛玉の原因を作ることになってしまいます。
優しくブラッシングしてあげましょう。

2.全身を濡らす

お湯の温度ですが、猫の体温は38~39度くらいなので、わずかに高いくらいか39~40度で設定するのが基本です。
猫は耳に水が入るのを嫌がるので顔を濡らすのは最後にしてください。
シャワーヘッドから直接ではなく、手で少しずつかけてあげると良いです。
あまりに嫌がる時は顔を洗わないという選択肢もあります。

3.シャンプー

必ず猫用シャンプーを使用してください。猫の毛は細く、人用シャンプーを使うと傷んで毛がゴワゴワになります。
また、猫は四肢の先としっぽを触られるのを嫌います。
四肢を重点的に洗っていると怒る猫もいるので、胴体と交互に洗うようにしてください。
全身を泡立てたらシャンプーを流します。
猫は自分の毛を舐めるので、シャンプーの成分が毛に残っていると口に入ってしまいます。
残らないようにしっかりと洗い流しましょう。

4.体を乾かす

タオルで水分を拭き取ったあとはドライヤーが便利ですが、音と風を嫌がる猫も多いです。
ドライヤーでパニックを起こす猫もいるので、ドライヤーに対する反応を事前に確認しておくと良いでしょう。
ドライヤーを使用する際は、常に猫の体に手を添えながら風が熱すぎないか注意してください。
一ヵ所を重点的に乾かそうとすると火傷する恐れがあります。
毛が絡まってしまうので、毛が乾いたタイミングでブラッシングしましょう。

猫のシャンプーについて

ドライヤーが嫌いな猫の場合は、できる限りタオルで水分を拭き取り、暖かい部屋で自然乾燥。

子猫や老猫は体力がないので、冷えには特に気をつけてあげてください。

すぐシャンプーをする必要がない場合は、暖かい季節になってからシャンプーするのがおすすめです。

猫のシャンプーの方法やコツを書きましたが、猫は基本的にシャンプーは必要ありません。

また、猫の水に対する恐怖は生まれつき備わっているものです。

水が心底嫌いな猫の場合、いきなりシャンプーをするのはハードルが高いかもしれません。

水を極端に怖がる場合は、猫と飼い主さんの両方が怪我をすることもあるので、シャンプーは諦めたほうがいいかもしれません。

そこで、まず濡れタオルで体を拭いてあげることから始めていきましょう。

少しの汚れなら濡れたタオルで拭くだけでも体のケアになります。

温めて蒸しタオルにすれば、猫も気持ちよさを感じ、濡れることに慣れるかもしれません。

おすすめのシャンプー

おすすめのシャンプー

犬・猫用の美容シャンプーや肌に優しい低刺激の製品は安全性も高く人気です。

低刺激のシャンプーで、ダーマケアナチュラルシャンプーアロビーンオートミールシャンプーの2つをご紹介します。

一つ目のダーマケアナチュラルシャンプーは、天然成分のシャンプーです。

皮膚科専門獣医師が開発に携わった石鹸成分を含まない低刺激・低アレルギー性の肌に優しく仕上がっています。

肌が敏感なペットや子犬・子猫にも最適です。

二つ目のアロビーンオートミールシャンプーは、皮膚・被毛の汚れ洗浄や皮膚の保湿にも効果を発揮する低刺激美容シャンプーです。

細かく優しい泡立ちで、自然な被毛の油分はそのままに汚れを落とし、洗い上がりは被毛をつややかにします。

また、オートミールとアロエベラが配合され、乾燥や痒みなど肌にお悩みのペットに使用することで、肌に潤いを与え保湿します。

アロビーンオートミールシャンプーも、子犬・子猫などどの年齢でも安心してお使いいただけます。

犬・猫のシャンプーについてご紹介しました。

ペットの肌は人間に比べて非常にデリケートです。

人間用の製品を使うことは避け、必ず専用のシャンプーを使用してください。

また、ペットの体調が優れない時期はシャンプーを見送ることも大切です。

シャンプーそのものを嫌がるペットもいます。

過度なストレスを感じさせないよう、適切な方法を守り少しずつ慣らしていくことが大切です。

できるだけペットに負担をかけないことを心がけてくださいね。

TOPに戻る