配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
【年中無休】電話注文受付
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、法令の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

鉤虫駆除薬

更新日:
キウォフパピー(ドロンタールパピージェネリック)子犬用
1本
¥1,200
在庫あり
キウォフパピー(ドロンタールパピージェネリック)子犬用
生後2週~6ヶ月齢の子犬用虫下しです。ドロンタールと同一の寄生虫駆除成分が、子犬に寄生する主な消化器官内の寄生虫に対して優れた効果を発揮します。
キウォフプラス
1錠
¥125
在庫あり
キウォフプラス
キウォフプラスはバイエル社の犬用腸内寄生虫駆除剤ドロンタールプラス錠と同一成分のジェネリック医薬品です。3つの有効成分が相乗的に作用し、主要な消化器官内の寄生虫に対して優れた駆除効果を発揮。
キウォフ猫用(ドロンタールジェネリック)
1錠
¥190
在庫あり
キウォフ猫用(ドロンタールジェネリック)
猫用内部寄生虫駆除剤のキウォフはバイエル社のドロンタール錠と同一成分のジェネリック医薬品です。メーカーは異なりますが成分量・効果は同じです。猫回虫、猫鉤虫、瓜実条虫、猫条虫に対して有効です。
ドロンタールパピー子犬用
1本
¥1,900
在庫あり
ドロンタールパピー子犬用
生後2週~1歳齢の子犬用の虫下しです。パモ酸ピランテルとフェバンテルが子犬に寄生する主な消化器官内の寄生虫に対して優れた駆除効果を発揮します。
ドロンタールプラス犬用
1錠
¥283
在庫あり
ドロンタールプラス犬用
ドロンタールプラスは、バイエル社が製造販売する犬に寄生した犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫などの駆除薬です。
Feli-D猫用(ドロンタールジェネリック)
1錠
¥135
在庫あり
Feli-D猫用(ドロンタールジェネリック)
猫用のドロンタール錠と同成分・同成分量のジェネリックFeli-D登場。猫回虫、猫鉤虫、瓜実条虫、猫条虫の駆除ができる虫下しです。副作用も少なく、安心してご使用いただけます。
ドロンタール錠猫用
1錠
¥325
在庫あり
ドロンタール錠猫用
ドロンタール錠猫用は回虫などの内部寄生虫駆除剤です。2つの有効成分でほとんどの種類の消化器官内の寄生虫を効果的に駆除することが出来ます。副作用も少なく安心してお使いいただけます。
ドロンタールプラスジェネリック(ウォレックス)犬用
1錠
¥111
在庫あり
ドロンタールプラスジェネリック(ウォレックス)犬用
ドロンタールプラスジェネリック(ウォレックス)犬用は腸内寄生虫駆除剤です。メーカーは異なりますが、成分・効果ともに同じものになります。犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫の駆除に有効です。
パナクールオーラルペースト
1本
¥1,980
在庫あり
パナクールオーラルペースト
犬猫に寄生する回虫を含む線虫類を中心に鉤虫、鞭虫、条虫類、ジアルジア原虫などに効く駆虫薬です。 ペットの口に直接投与できるシリンジ(注入器)に入ったペーストタイプのお薬です。
カルドメックチュアブル
1錠
¥616
在庫あり
カルドメックチュアブル
メリアルが販売する犬専用のフィラリア予防薬です。日本で販売されているカルドメックチュアブル Pの海外パッケージ製品です。国内品と全く同じお薬ですので安心してご使用いただけます。
ブロードライン
1本
¥1,316
在庫あり
ブロードライン
ブロードラインはフィラリア、ノミ、マダニ、回虫、鉤虫、瓜実条虫、エキノコックス(多包条虫)の対策ができるオールインワンタイプの猫の寄生虫のお薬です。フロントラインの上位互換のお薬になります。
ネクスガードスペクトラ
1錠
¥1,900
在庫あり
ネクスガードスペクトラ
売れてます!ネクスガードスペクトラは犬のために開発されたノミ・マダニ駆除薬のネクスガードにフィラリア予防効果をプラスしたマルチなお薬です。同時に消化器官内の寄生虫も駆除!速効性、持続性が◎
バジルガードプラス
1錠
¥400
在庫あり
バジルガードプラス
犬専用のフィラリア予防薬。ハートガードプラス(カルドメック)のジェネリック医薬品です。日本語説明書付属の日本向けパッケージ商品になります。チュアブルタブレットなので半分に割って使用することが出来ます。
ストロングハートプラス
1錠
¥416
在庫あり
ストロングハートプラス
犬専用のフィラリア予防薬でハートガードプラス(カルドメック)のジェネリック医薬品となります。イベルメクチンとピランテルの有効成分が配合されたマルチなフィラリア予防薬です。
ストロングホールドプラス
1本
¥1,350
在庫あり
ストロングホールドプラス
マダニも駆除できるレボリューション登場!猫専用のマルチな寄生虫駆除薬!レボリューションにマダニに有効なサロラネル成分を配合。これ一本でフィラリア、ノミ、マダニ、耳ダニ、猫回虫、猫鉤虫の対策がOK。
アドボケート
1本
¥1,200
在庫あり
アドボケート
プロアクティブ効果で従来の薬とは全く異なるフィラリア予防薬。フィラリア、ノミ、ミミヒゼンダニ(猫のみ)、回虫および鉤虫を1ヵ月間ずっと駆除し続けるため、常に寄生虫からペットを守ります。バイエルが開発した最新のフィラリア予防薬です。
コンフォティスプラス
1錠
¥1,691
在庫あり
コンフォティスプラス
犬用のフィラリア予防の薬です。ノミやマダニの駆除、回虫、口中、鞭虫などに有効。同メーカーのパノラミスと同一成分の後続品的なお薬です。
インターセプターSチュアブル
1錠
¥833
在庫あり
インターセプターSチュアブル
インターセプタースペクトラムチュアブルはフィラリア予防と同時に犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫、エキノコックス(多包条虫)の駆除ができるお薬です。食いつきの良いオヤツタイプのお薬です。
キウォフハート
1錠
¥383
在庫あり
キウォフハート
犬専用のフィラリア予防薬です。ハートガードプラス(カルドメック)のジェネリック医薬品となります。錠剤がチュアブルタブレットなので半分に割って使用することが可能です。
ハートプロテクトプラス
1錠
¥550
在庫あり
ハートプロテクトプラス
犬専用のフィラリア予防薬でカルドメックチュアブルPのジェネリック医薬品です。日本語説明書付属の日本向けパッケージ商品になります。おやつタイプの錠剤で投薬がとても簡単です。
ミルベマックスフレーバー錠
1錠
¥1,275
在庫あり
ミルベマックスフレーバー錠
猫用の猫回虫、猫鉤虫及び瓜実条虫の駆除薬です。小型猫・子猫用と成猫用の2つのタイプがあるので猫に合わせて選べる投与量。ビーフフレーバーなので愛猫が喜んで食べられます。有効成分はミルベマイシンオキシムとプラジクアンテル。
ドロンタールジェネリック猫用
1錠
¥197
売切れ
ドロンタールジェネリック猫用
※取扱終了※
猫の消化器官内寄生虫の虫下しドロンタール錠のジェネリックです。2つの有効成分でほとんどの種類の消化器官内の寄生虫を効果的に駆除します。成分は全く同じでお買い得です。
ミルベマイシンA錠
1錠
¥588
売切れ
ミルベマイシンA錠
※取扱終了※
犬用のフィラリア予防薬ミルベマイシンオキシムの錠剤です。1ヶ月1回の投薬で犬糸状虫症を予防します。また、消化器官内の寄生虫(回虫、鉤虫、鞭虫)に対しても強い駆虫効果を発揮します。
パノラミス錠
1錠
¥1,900
売切れ
パノラミス錠
※取扱終了※
これ一つでノミ・マダニの駆除と腸内の寄生虫が出来るオールインワンタイプのフィラリア予防薬です。フレーバーがついたチュアブル錠。

ペットの鉤虫症について

鉤虫症という病気を知っていますか?

鉤虫症という言葉にあまり馴染みがないかもしれませんが、犬や猫だけでなく人間にも感染する病気です。

鉤虫は寄生虫の一種で、日本にもたくさん生息しています。

寄生されてしまうと命に関わってくる場合もあります。

ペットや飼い主さん自身の身を守れるように、鉤虫症の症状や治療方法などを一緒に学びましょう!

  1. 目次
  2. 鉤虫症の原因
  3. 鉤虫とは
  4. 鉤虫症の感染経路
  5. 鉤虫症の症状
  6. 鉤虫症の症状
  7. 鉤虫症の対策と治療
  8. 鉤虫症の対策
  9. 鉤虫症の治療
  10. おすすめの商品

鉤虫症の原因

鉤虫症の原因

鉤虫とは

鉤虫とは寄生虫の一種で犬や猫、人間などに寄生して「鉤虫症」を発症させます。

別名「十二指腸虫」とも呼ばれていて、この寄生虫には様々な種類が存在します。

・犬鉤虫:主に犬に寄生
・猫鉤虫:主に猫に寄生
・ズビニ鉤虫:主に人間に寄生
・アメリカ鉤虫:主に人間に寄生

これらの鉤虫は体長が約1~2cmほどになる、白い糸上の見た目をしています。

また高温多湿で、なおかつ衛生状態が良くない地域に多く生息しています。

鉤虫は宿主の小腸に寄生し、そして血を吸うこともあるので動物の体に与える負担は小さくありません。

鉤虫の口には鋭い牙がついており、その牙で小腸の粘膜に噛みつき、食べ、吸血を行います。

子犬や子猫の場合は最悪ショック死を起こす危険性もあるので、まずペットへの感染を防ぐことが特に重要になってきます。

鉤虫症の感染経路

鉤虫がペットに寄生する時、一体どのような感染経路があるのでしょうか。

まず犬へ寄生する犬鉤虫の場合の感染経路は、以下のものが考えられます。

・経口感染
・経皮感染
・母子感染(経乳感染・胎盤感染)

鉤虫がペットに感染すると、排泄物とともに宿主の体内から鉤虫の卵が排出されます。

排出された卵は高温多湿などの、鉤虫にとって良い条件が揃っている環境であれば12~24時間後に孵化して第1期幼虫になります。

第1期幼虫は湿った土壌の中で発育し、1週間ほどすればペットへの感染能力を持つ第3期幼虫となります。

この第3期幼虫がペットの口から入り込んだり(経口感染)、毛穴から体内に侵入(経皮感染)したりすることで感染が起こります。

犬の場合ですと、経口感染のほうが起こりやすい傾向があります。

初感染の子犬や免疫力が低い犬の場合、体内に侵入した幼虫は小腸へ移動していき、小腸で成虫に成長します。

一方で免疫力が十分に備わっている成犬は、すべての幼虫が小腸へ行かず一部は組織内に移動します。

組織内に移動した幼虫は一時的に休眠状態となるため、体内に留まってしまうのです。

こうして組織内に留まった幼虫は宿主である犬が妊娠すると再活性化し、胎盤や母乳へ移動するので、母犬から子犬へ母子感染を引き起こすこともあります。

また猫に寄生する猫鉤虫の場合においても、犬と同様の経路で感染します。

ですが犬鉤虫とは違い、胎盤感染は猫には起こらないと言われています。

鉤虫症の症状

鉤虫症の症状

鉤虫症の症状

ペットの鉤虫症の症状は、症状の重さによって大きく甚急性型、急性型、慢性型の3種類に分けられます。

一般的には、若い時に発症するほど症状が重く、また猫に比べて犬のほうが重症化する傾向が多く見られます。

甚急性型

甚急性型とは、生後1週間ほどの子犬や子猫に見られる重症化した鉤虫症のことを言います。

2週間目になるあたりから、いきなり様々な症状が現れ始めます。

下痢や粘度のある血便を出したり、極度の貧血から元気や食欲がなくなって母乳を欲しがらなくなったりという様子が見られることがあります。

最悪の場合にはショック死に繋がりかねない、非常に危険な症状です。

急性型

急性型は子犬や子猫によく見られる症状です。

甚急性型ほどには重症化しないものの、同様に粘度のある血便を出してしまいます。

また食欲不振から体重の低下や、腹痛をかばうため体を丸めるような体勢をすることも多くなります。

慢性型

慢性型は成犬や成猫に多く見られる症状です。

貧血の状態が続いて毛づやが悪くなったり、体重の低下など体の不調が目立ったりするようになります。

人間の鉤虫症

人間が鉤虫症になった場合、症状が見られないことが多いです。

しかし鉤虫症の初期症状で、鉤虫が侵入した体の部位が赤くなり発疹が出て痒くなるなどの異常が現れる場合があります。

幼虫が肺に移動すると発熱、喘鳴、咳が起こることもあります。

また成虫が腸にかみつく際には上腹部が痛むことがあり、食欲不振や体重減少、下痢といった症状が見られます。

そして成虫に血を吸われると貧血になり、鉄欠乏症を引き起こしてしまうのです。

さらに小児が重度の貧血になってしまった場合、正常な成長が妨げられてしまいます。

貧血が重症化すると心不全の原因となり、広範囲にわたって組織の腫れを起こす危険性もあります。

鉤虫症の対策と治療

鉤虫症の対策と治療

鉤虫症の対策

鉤虫の幼虫は口からの侵入だけではなく、皮膚から体内に入り込むことができるので、糞便などを口にしていなくても油断はできません。

特に散歩中などは常に危険と隣り合わせな状態になってしまうのです。

しかしコンクリートで舗装されているところを歩かせるようにすれば、土壌の中に潜んでいる鉤虫に触れる可能性を低くすることができるので、できるだけ他の動物の糞便に接触しないように、十分に注意しましょう。

また母から子への感染を防ぐために、動物病院で母犬の胎内に寄生虫がいるかいないかの検査を行うことが必要になります。

もし胎内で寄生虫が見つかったら駆虫薬を投与してもらってください。

鉤虫症は子犬や子猫のほうが重症化する危険性が高いので、ペットが鉤虫症を発症してしまわないようにしっかりと対策をしてあげてください。

鉤虫症の治療

ペットの鉤虫症の治療には、駆虫薬を使用します。

犬と猫では寄生する鉤虫の種類は異なりますが、治療方法はどちらも同じです。

駆虫薬は鉤虫症の治療薬となりますが、使い方はこれだけではありません。

お薬に定められているスケジュールに従い、定期的にペットに投与を行うことで他の寄生虫の感染を予防することも可能なのです。

また鉤虫は母子感染を起こす場合がある寄生虫です。

メス犬やメス猫が妊娠をする時は、その前に駆虫薬の投与をしておくことで母子感染を予防することができます。

おすすめのお薬

おすすめのお薬

鉤虫症は犬や猫だけに限らず、飼い主さんにも発症する可能性のある恐ろしい病気です。

ペットと飼い主さんが一緒に健康に過ごすためにアドボケートカルドメックチュアブルドロンタール錠猫用という3つのお薬を紹介します。

アドボケート

アドボケートはイミダクロプリドとモキシデクチンの2種類の有効成分を含有した、犬と猫の両方に使用できるお薬となっています。

フィラリア予防薬ですが、フィラリアだけでなく回虫や鉤虫の駆除にも効果を発揮します。

プロアクティブ効果によってフィラリア、ノミ、ミミヒゼンダニ(猫のみ)、回虫、鉤虫を1ヶ月間にわたって駆除し続けられるので、寄生される心配がありません。

プロアクティブ効果とは、アドボケートに含まれている有効成分のモキシデクチンが投薬から約1ヶ月間、線虫類(フィラリア、回虫、鉤虫)に対して駆除有効濃度を維持する効果のことを指します。

カルドメックチュアブル

カルドメックチュアブルは、有効成分イベルメクチンとピランテルの2つが配合された、犬専用のフィラリア予防薬です。

フィラリアだけでなく、回虫や鉤虫、鞭虫の駆除が同時にできるマルチなお薬に仕上がっています。

回虫や鉤虫、鞭虫といった消化管内線虫の駆除やフィラリア予防に効果を発揮します。

お肉タイプのチュアブルでおやつとして与えられるように作られているので、投与の苦労がなく犬も喜んで食べてくれます。

ドロンタール錠猫用

ドロンタール錠猫用は、猫専用に開発された内部寄生虫駆除薬です。

プラジクアンテルとパモ酸ピランテルの2つの有効成分の働きによって、ほとんどの種類の寄生虫の駆除を効果的に行います。

一度の投与で線虫類と条虫類の駆除ができます。

2つの有効成分の相乗作用により幅広い駆虫スペクトルと高い駆除力を発揮します。

また本剤は副作用が少ないので、安心してご使用いただけます。

犬や猫の鉤虫症について説明してきましたがいかがでしたか?

鉤虫は口からだけでなく皮膚からも侵入してくる厄介な寄生虫です。

免疫力が十分に備わっていない子犬や子猫に発症して重症化してしまうと、命に関わる危険性も高くなります。

ペットも飼い主さんも元気に過ごすために、寄生虫の検査は定期的に行い、感染していた場合には駆除薬を投与してしっかり駆除するようにしましょう。

TOPに戻る