パピー&キトゥン・ワームシロップ
  • パピー&キトゥン・ワームシロップ
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

パピー&キトゥン・ワームシロップ

更新日:
子犬と子猫に最適な回虫、蟯虫などの内部寄生虫の駆除薬(虫下し)です。成犬、成猫、モルモットにもご使用いただけます。
  • 回虫、蟯虫の駆除

有効成分:クエン酸ピペラジン

ご注文

50mL

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
2,100(2,1001本あたり
63
カゴに入れる
2本
3,900(1,9501本あたり
117
カゴに入れる
3本
5,600(1,8661本あたり
168
カゴに入れる

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

クエン酸ピペラジン5g/50mL

商品詳細

副作用が少なく、子犬、子猫の他に成犬、成猫、モルモットにもご使用いただける、回虫、蟯虫の駆虫薬です。
ペットが喜んで口にする肉風味の付いたシロップで、そのまま飲ませるか、エサに混ぜて与えます。

有効成分クエン酸ピペラジンが回虫、蟯虫の神経伝達物質アセチルコリンの作用を遮断して麻痺させることで、排便とともに体内から除去することが出来ます。

回虫は母親からの胎盤感染や乳汁感染などで子犬や子猫に感染するため、ブリーダーの飼育環境によっては産まれたばかりのペットにも初めから寄生していることがあります。
また、親や他のペットとのコミュニケーションでお尻や口の周り、糞の臭いを嗅いだ時に卵が経口感染することもあります。
成犬、成猫には表立った症状はないため気付きにくいのが原因ともいえますが、子犬や子猫に感染した場合、成長期の大事な栄養を奪われて発育障害を起こすばかりか、お腹の異常なふくれ、やせる、貧血、皮膚のたるみ、毛づやの悪化、食欲不振、便秘、下痢、腹痛、嘔吐などを引き起こします。

パピー&キトゥン・ワームシロップは子犬や子猫にも安心してご使用いただける駆虫薬となっていますので、念のためにも定期駆虫を行うことをおすすめします。


参考

ピペラジン(外部リンク)


投与方法・使用方法

使用方法を必ず獣医師に確認の上ご使用ください。

体重1kgにつき1mlを基準量として、1日1回2日間経口投与します。
そのまま飲ませるか、エサに混ぜて与えてください。


生後6、8、12週目に与え、以降3ヶ月おきに与えます。

犬、モルモット
生後2、4、8、12週目に与え、以降3ヶ月おきに与えます。

副作用

・嘔吐、下痢を起こすことがあります。
・異常がみられた場合は速やかに獣医師の診断を受けてください。

注意事項

・使用禁忌のあるお薬です。必ず獣医師の指示のもとに使用してください。
・妊娠、授乳中のペットには使用しないでください。

メーカー

トロイ・ラボラトリー
上へ