キウォフパピー(ドロンタールパピージェネリック)子犬用
  • キウォフパピー(ドロンタールパピージェネリック)子犬用
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

キウォフパピー(ドロンタールパピージェネリック)子犬用

更新日:
生後2週~6ヶ月齢の子犬用虫下しです。ドロンタールと同一の寄生虫駆除成分が、子犬に寄生する主な消化器官内の寄生虫に対して優れた効果を発揮します。
  • 回虫類(犬回虫、犬小回虫)、犬鉤虫、犬鞭虫の駆除

有効成分:パモ酸ピランテル、フェバンテル

ご注文

15mL

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
1,200(1,2001本あたり
36
カゴに入れる

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

1mL中にパモ酸ピランテル14.4mg、フェバンテル15mg

商品詳細

キウォフパピーは有効成分パモ酸ピランテルとフェバンテルを配合した、腸内寄生虫の虫下しです。
陽性検査で検出されない産卵前の未成熟な寄生虫に対しても優れた効果があります。
生後2週~6ヶ月齢の子犬にも安全にお使い頂けます。

体の内部寄生虫は主に犬が他のペットとコミュニケーションを取ったり、排泄物の臭いを嗅いだ時に経口感染しますが、稀に母犬からの胎盤感染や乳汁感染といった感染経路もあるため、産まれたばかりの子犬にも寄生虫がいる場合があります。

成犬は表立った症状が現れることがありませんが、子犬の場合、下痢や嘔吐、貧血や発育障害を起こすおそれがあり、生後2週齢から定期駆虫を始める必要があります。
キウォフパピーは副作用が少なく、子犬の定期駆虫にも安心してお使い頂けるおすすめの商品です。

定期駆虫スケジュール

生後2週間~3ヶ月(猫は4週間目から):2週間おきに1回
生後3ヶ月~6ヶ月:月に1回
生後6ヶ月以降:3ヶ月に1回(年4回)

投与方法・使用方法

通常1回、体重1㎏につき本剤1mLを経口投与します。

液剤の飲ませ方は、付属のスポイトで計量し、直接飲ませるか、フードに混ぜて与えます。フードに混ぜる場合は食べ残しのないようにご注意ください。

副作用

・副作用が認められた場合は速やかに獣医師の診断を受けてください。

注意事項

・必ず獣医師の指示に従って使用して下さい。
・2週齢未満、体重500g未満の子犬には使用できません。
・妊娠中の猫には使用しないでください。
・本剤のパモ酸ピランテルはピペラジンと互いに拮抗する可能性があるので併用は避けてください。

メーカー

サバ・ベト
上へ