配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
【年中無休】電話注文受付
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、法令の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

抗生物質・抗菌剤

更新日:
リクセン錠600(リレキシペット)
1錠
¥347
在庫あり
リクセン錠600(リレキシペット)
ビルバック社のリクセン錠600はセファレキシンを有効成分とするセフェム系抗生物質で、リレキシペット錠600と同じ成分のお薬です。犬の細菌性皮膚感染症の治療に有効です。
バイトリル錠(バイロシン)
1錠
¥47
在庫あり
バイトリル錠(バイロシン)
バイトリル錠はペット用のニューキノロン系抗菌剤です。膀胱炎など主に尿路感染症の治療に使われており、1日1回の投与で、幅広い細菌に対して強力な殺菌効果を発揮します。
アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)
1錠
¥39
在庫あり
アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)
バイトリルのジェネリックです。消化器、呼吸器および尿生殖路の細菌感染症、皮膚、二次創傷感染症および外耳炎の治療に用いられる安全性の高い犬猫用の抗生剤です。
クラベット
1錠
¥294
在庫あり
クラベット
クラベットは犬・猫の細菌感染症の治療に使われる複合抗生物質です。2つの有効成分の相互補完作用により、幅広い種類の細菌に対して有効です。
バイオクラン(アンチローブ)
1本
¥2,166
在庫あり
バイオクラン(アンチローブ)
バイオクランはリンコマイシン系の抗生物質クリンダマイシンを主成分とした細菌性感染症の治療薬でアンチローブと同じ成分のお薬です。歯周病をはじめ、様々な細菌性感染症に使われています。
アンチローブ25(クリンダマイシン)
1錠
¥76
在庫あり
アンチローブ25(クリンダマイシン)
抗生物質のクリンダマイシン塩酸塩を有効成分とする細菌を殺菌するお薬です。国内では主に犬の歯周病治療に用いられますが、その他にも犬猫の皮膚感染症や骨髄炎治療などにお使い頂けます。
マルボフロキサシン(ゼナキル錠)
1錠
¥240
在庫あり
マルボフロキサシン(ゼナキル錠)
マルボフロキサシン(ゼナキル錠)は、細菌性皮膚炎などの感染症を治療する、犬猫兼用の抗菌剤です。 幅広い細菌に対して強い効果を発揮します。
クラリスロマイシン錠
1錠
¥200
在庫あり
クラリスロマイシン錠
クラリスロマイシン錠はマクロライド系抗生物質の錠剤で犬猫ともにお使い頂けます。気管支炎、皮膚感染症など幅広い細菌性感染症の治療に用いられます。
クラブロックス(クラバモックス)
1本
¥4,500
在庫あり
クラブロックス(クラバモックス)
クラブロックスはアモキシシリンとクラブラン酸の二つの成分を配合した抗生物質で、犬・猫の細菌性感染症に幅広くご使用いただけます。
メトロニダゾール錠
1錠
¥77
在庫あり
メトロニダゾール錠
メトロニダゾール錠は、抗原虫薬で、ジアルジア、トリコモナスに効果がある他、肝性脳症、消化器疾患など、幅広く使用されているおくすり抗生物質です。
フラジール
1錠
¥81
在庫あり
フラジール
フラジールはニトロイミダゾール系の抗原虫薬、抗菌薬です。多くの微生物への殺作用があり、犬猫のトリコモナス症、ジアルジア症をはじめ、炎症性腸疾患など様々な症状の治療に用いられます。
セフペットドライシロップ
1本
¥1,966
在庫あり
セフペットドライシロップ
膀胱炎などの尿路感染症や膿皮症などの皮膚感染症の治療に使う抗生物質です。粉末状のシロップなので、そのままでも液体に溶いても飲ませることができます。
ビブラマイシンジェネリック
1錠
¥128
在庫あり
ビブラマイシンジェネリック
モノドックスはビブラマイシンのジェネリック薬品でテトラサイクリン系の抗生物質ドキシサイクリンのお薬です。細菌のタンパク質生成を阻害し、増殖を抑制することで静菌します。猫風邪や歯周病などの治療に使用されます。
ベラフロックス猫用経口液
1本
¥2,600
在庫あり
ベラフロックス猫用経口液
猫用の皮膚、口、呼吸系、尿路系の感染治療薬です。細菌のDNA合成を阻害し、増殖を抑制する新しいタイプの抗生物質。有効成分はプラドフロキサシン。
イトラコナゾール錠
1錠
¥230
在庫あり
イトラコナゾール錠
イトラコナゾール錠はアゾール系の抗真菌薬です。外用薬では効きにくい表皮性皮膚真菌症や内臓真菌症(深在性真菌症)などの治療に用いられます。
ジスロマック細粒
1箱
¥2,650
在庫あり
ジスロマック細粒
ジスロマック細粒は抗炎症作用もあるマクロライド系の抗生物質アジスロマイシンのお薬です。細菌のタンパク質の成長を阻害して増殖を抑制する静菌性の抗生物質ですが、高用量では殺菌的に作用します。
ジスロマック錠
1錠
¥473
在庫あり
ジスロマック錠
マクロライド系抗生物質アジスロマイシン製剤ジスロマック錠です。細菌のタンパク質の成長を阻害することで細菌の繁殖を防ぎます。抗炎症作用があり、細菌による炎症、化膿、感染症に高い効果を発揮します。
ビブラマイシン
1錠
¥129
在庫あり
ビブラマイシン
ビブラマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質塩酸ドキシサイクリンが含有されたお薬です。グラム陽性菌やグラム陰性菌、リケッチア、マイコプラズマ、クラミジアなどへ広い抗菌作用を示します。
タリビッド錠
1錠
¥130
在庫あり
タリビッド錠
タリビッド錠はニューキノロン系の抗菌剤オフロキサシンのお薬です。皮膚、呼吸器、泌尿器、消化器、眼、耳など、広い範囲の感染症治療に用いられます。

ペットの抗生物質と抗菌剤について

犬や猫と暮らしている飼い主さんであれば、一度は抗生物質や抗菌剤が処方されたことがあると思います。

細菌感染に絶大な効果を発揮し、役に立ち続けている抗生物質と抗菌剤。

ペットの皮膚病や消化器の疾患などの、細菌感染症に用いられているのです。

しかし私たち人間の場合と同様に、抗生物質・抗菌剤は耐性菌や副作用といった問題もあります。

ペットの治療に用いられる、抗生物質・抗菌剤について飼い主さんがしっかり理解しておかなければなりません。

耐性菌や副作用なども含めて見ていきましょう。

  1. 目次
  2. 抗生物質・抗菌剤とは
  3. 抗生物質
  4. 抗菌剤
  5. 抗生物質の種類と効果
  6. 抗生物質
  7. 合成抗菌剤
  8. 抗生物質と膀胱炎
  9. 膀胱炎
  10. 耐性菌と副作用
  11. 耐性菌
  12. 副作用
  13. まとめ

抗生物資・抗菌剤とは

抗生物資・抗菌剤とは

感染症の治療薬には「抗生物質」と「抗菌剤」があります。

抗生物質と抗菌剤は同じもののようですが、実は違うのです。

抗生物質

抗生物質とは、「微生物が作った化学物質」のことを指します。

ペニシリンという世界初の抗生物質は、微生物の一種である青カビから発見されました。

カビは厳密に言えば真菌で、菌の一つです。

微生物であるカビが作った病原微生物を殺す作用のある化学物質なので、ペニシリンは抗生物質ということになります。

抗菌剤

一方で抗菌剤は「人工合成で作られた病原微生物を殺す化学物質」です。

技術の進歩によって人間の手でも病原微生物に対抗する化学物質を作り出せるようになったのです。

この物質を「微生物に作られた化学物質」という定義に当てはめることはできず、抗菌剤という言葉が登場しました。

現在は抗生物質や人工合成された化学物質の全てをまとめて、抗菌剤と表現されます。

抗菌剤という大きな枠の中に、抗生物質が入っているというイメージを持つと良いでしょう。

抗生物質の種類と効果

抗生物質の種類と効果

抗菌剤には、抗生物質と合成抗菌剤が存在します。

抗生物質

・ベータラクタム系抗生物質
・ペニシリン系
・セフェム系第一世代
・セフェム第三世代
・アミノグリコシド系
・クロラムフェニコール系
・テトラサイクリン系
・マクロライド系

感染症によって投与するものは異なります。

細菌の細胞壁の生成を阻害し、増殖と活動を抑制する働きがあります。

合成抗菌剤

・サルファ剤
・ニューキノロン系

これらは膀胱炎や尿道炎などの尿路感染症の治療に用いられることが多くあります。

ですがサルファ剤は耐性ができやすくなっています。

またキノロン系は強力でどの細菌にも効果がある広範囲な抗生物質ですが、耐性菌ができてしまう可能性も否定はできません。

抗生物質と膀胱炎

抗生物質と膀胱炎

ウイルスにではなく、細菌に効果を発揮するのが抗生物質です。

抗生物質は細菌を弱めて倒すことが、主な役割となります。

ペットが何らかの疾患を発症した際に抗生物質の投与を行い、細菌の働きを抑制します。

細菌の働きが弱くなっている間に、ペット自身に備わっている免疫機能などで体を守り、回復させます。

つまり、抗生物質はサポート役でしかないのです。

根本的な原因である細菌を退治するのが役割であり、炎症や痒み、痛みなどを治す機能は持っていません。

ペットの免疫力と体力が備わっていてこそ、より効果を感じることができるのです。

ペット自身の免疫力や体力が低下している際には、効き目が遅いかもしれません。

抗生物質は皮膚炎、気管支炎、内臓疾患、関節炎など様々な場合に用いられます。

その数ある病気の中でも抗生物質が使用される病気で、膀胱炎がよく知られています。

膀胱炎

犬と猫は泌尿器系の病気を発症しやすいですが、その中でも特に膀胱炎が多いと言われます。

そして膀胱炎は治りにくく、完治したとしても再発を繰り返すことが多いとても厄介な病気です。

犬の場合の膀胱炎の原因は以下の3つがあります。

・細菌感染
・腫瘍や外傷
結石や結晶

細菌感染が最も多い原因となります。

ブドウ球菌や大腸菌への感染から、発症してしまうことがほとんどです。

これらの細菌が尿道から尿管を経由し、膀胱に達することで膀胱炎になります。

猫の場合は以下です。

・結晶
・細菌感染
・突発性

猫の膀胱炎の原因は、結晶によるものが多く見られます。

オス猫は尿道が細いので、結晶によって尿路の閉塞を起こす危険性があるので要注意です。

また猫には突発性膀胱炎というものがあります。

この突発性膀胱炎は、原因が分からない膀胱炎のことを指します。

猫は非常にデリケートな生き物なので、ストレスが原因となっているのではないかと言われています。

膀胱炎の症状は犬と猫共通しているものが多いです。

・尿の臭いや色の濁りの変化
・頻尿(トイレの回数が増える)
・排尿時に痛がって鳴く
・元気や食欲がなくなる
・血尿
・水を飲む量が増える
・尿が出なくなる
・お腹などを舐め続ける
・トイレ以外での排尿

このような症状が現れたら、膀胱炎を発症している可能性が非常に高いです。

膀胱炎の治療に用いられる抗生物質は、

・ニューキノロン系:大腸菌に効果が大きい
・セフェム系:種類が多く幅広く使われている
・ペニシリン系:世界初の抗生物質

といった3種類のものになります。

膀胱炎の原因菌として一番多い大腸菌に対して最も効き目が強いのは、ニューキノロン系です。

ニューキノロン系→セフェム系→ペニシリン系と続きます。

そのため膀胱炎など尿路感染症の治療では、ニューキノロン系のお薬が第一選択となる場合が多いです。

耐性菌と副作用

耐性菌と副作用

抗生物質を使用する上で、「耐性菌」と「副作用」について、しっかり頭に入れておいたほうが良いでしょう。

耐性菌

抗生物質を使用するうえで「耐性菌」という存在を忘れてはいけません。

抗生物質での治療を続けているうちに、効果に耐性のある菌が偶発的に発生してしまう状態のことです。

ペットの個体差や膀胱炎の状況にもよりますので、抗生物質を止めるタイミングは検査をしてからにしましょう。

抗生物質は効き目が早ければ、投与してから1~2日で症状が治まってくることがあります。

しかし、そこで飼い主さんの判断で治療を中断してはいけません。

その段階ではまだ体内に細菌が残っているのが普通です。

そしてその状態で抗生物質を止めてしまうと、残っている細菌がまた増殖し、膀胱炎が再発してしまうのです。

抗生剤の投与と中断、再発を繰り返していればその都度残っていた細菌がお薬に慣れて、効かなくなるということが起こってしまいます。

これが耐性菌と言われるものです。

副作用

副作用はどのタイプのお薬でも起こりえるものです。

しかし抗生物質の場合は特に、胃腸障害の副作用が起こることがあり、

・腹痛
・嘔吐
・下痢

などが比較的多く現れます。

他にも、皮膚や全身性の副作用で

・痒み
・湿疹(じん麻疹)
・倦怠感

などが見られることもあり、さらに稀な例ですが、

・むくみ
・息切れ
・黄疸
・めまい
・貧血
・アナフィラキシーショック

が引き起こされる危険性もあります。

抗生物質は特定の悪い菌だけに効果的なのではなく、良い細菌(善玉菌など)にも作用してしまうので、副作用が起こります。

良い細菌にも影響があれば、当然腸内バランスが崩れてしまいます。

抗生物質には、様々な種類のものがあるのでペットの体質によっては合わないこともあります。

その場合は抗生物質の投与を一度止め、病院に問い合わせてください。

お薬を変更して、他の抗生物質で対応するようにしましょう。

まとめ

まとめ

抗生物質について、副作用などの説明などをしてきましたがいかがでしたでしょうか?

抗生物質には、注射や飲み薬、塗り薬、シャンプーなどいろいろな使い方があります。

それぞれ必要な場所や状態、効果に応じて獣医師さんが選んでお渡ししています。

抗生物質は耐性菌や副作用といった難しい点もありますが、正しく使用すれば病気に対して絶大な効果を発揮する頼もしいお薬です。

飼い主さんの判断で扱うのではなく、ペットの様子を見ながら獣医師さんと相談し最善の方法をとるようにすることが重要です。

TOPに戻る