配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
【年中無休】電話注文受付
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、法令の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

バイトリル2.5%HV液

更新日:
バイトリル2.5%HV液
バイトリル2.5%HV液
バイトリル2.5%HV液は、うさぎ、げっ歯類、爬虫類、鳥類の細菌性感染症に有効なニューキノロン系抗生物質です。
液状なので水に希釈して与えることができるため、投薬の手間がかかりません。

【消化器、呼吸器感染症】
うさぎ、げっ歯類、爬虫類、鳥類

【皮膚感染症】
うさぎ
内容量: 1本/100ml
有効成分: エンロフロキサシン
効果: ニューキノロン系・小動物用抗生物質・呼吸器感染症・消化器感染症
メーカー: Bayer
バイトリル2.5%HV液 100mL
個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1本 価格 1本 価格
1本 ¥12,800 ¥12,800 ¥10,200 ¥10,200 306pt 購入する
2本 ¥12,800 ¥25,600 ¥9,650 ¥19,300 579pt 購入する
3本 ¥12,800 ¥38,400 ¥9,200 ¥27,600 828pt 購入する
成分一覧
1mlあたり、エンロフロキサシン25mg、ベンジルアルコール14mg
商品説明
【商品の概要】
・うさぎ、げっ歯類、爬虫類、鳥類用の抗生物質
・有効成分はニューキノロン系のエンロフロキサシン
・消化器感染症、呼吸器感染症、皮膚感染症を改善
・投与の手間がかからない液状タイプ


【うさぎ、げっ歯類、爬虫類、鳥類用の抗生物質】
バイトリル2.5%HV液は、ニューキノロン系の抗生物質で、グラム陽性菌・グラム陰性菌に対して高い殺菌効果を発揮します。
細菌が原因の消化器感染症、呼吸器感染症、皮膚感染症に有効です。

有効成分のエンロフロキサシンは、細菌のDNA合成を阻害する効果があります。
この働きが、細菌のDNA増殖を抑え、感染症の症状を改善します。

うさぎや体の小さいげっ歯類をはじめ、爬虫類、鳥類にも安全に使用できます。

【バイトリル2.5%HV液の効果】
うさぎ、げっ歯類、爬虫類、鳥類の消化器感染症、呼吸器感染症に有効で、うさぎの場合は、皮膚感染症にも効果があります。

【有効成分エンロフロキサシンの特長】
・ニューキノロン系抗生物質
・グラム陽性菌、陰性菌に対し高い殺菌効果
・細菌の合成に必要なDNAの複製を阻害
・細菌のDNAのみに作用するため、安全性が高い

細菌が増殖するためには、遺伝子情報を持つDNAが必要不可欠です。
DNAを複製するために、いくつかの酵素の働きが必要ですが、エンロフロキサシンは、DNAの複製に必要な酵素を阻害することで、細菌の増殖を抑え、症状を改善します。

【投与が簡単な液状タイプ】
水に混ぜて与えることができる液状タイプなので、お薬を飲ませる手間が省けます。
ペットや飼い主様がストレスを感じることなく、簡単に投薬を済ませることができます。

使用方法
【うさぎ、小型げっ歯類、鳥類】
※1日2回7日間投与
・うさぎ、小型げっ歯類:体重1kgあたり5mg(0.2ml)
・鳥類:体重1kgあたり10mg(0.4ml)

【爬虫類】
※24~48時間間隔で6日間投与
・体重1kgあたり5mg(0.2ml)
注意事項
・てんかんや発作を患っている動物への投与はできません。
・ニューキノロン系抗生物質に過敏症の既往歴のある動物への投与はできません。
・妊娠中、授乳中、抱卵中の動物への投与は、安全性が確認されていないため、必ず使用前に獣医師にご相談ください。

※併用禁忌※
・テトラサイクリン系、フェニコール系:ニューキノロン系に対し、拮抗的に作用するため、有効性が低下します。
・アルミニウム、マグネシウムを含む物質:エンロフロキサシンの吸収を低下させる可能性があります。
副作用
・非常にまれな副作用として、下痢などの消化管障害を引き起こす場合があります。
※これらは一般的に軽度で、一時的なものです。

・成長期の動物へ使用した場合、関節軟骨に影響を与える可能性があります。
TOPに戻る