配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
【年中無休】電話注文受付
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、法令の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

腎臓・泌尿器

リクセン錠600(リレキシペット)
1錠
¥347
在庫あり
リクセン錠600(リレキシペット)
ビルバック社のリクセン錠600はセファレキシンを有効成分とするセフェム系抗生物質で、リレキシペット錠600と同じ成分のお薬です。犬の細菌性皮膚感染症の治療に有効です。
フォルテコール・ジェネリック
1錠
¥67
在庫あり
フォルテコール・ジェネリック
フォルテコールのジェネリックです。有効成分のベナゼプリル塩酸塩が血圧を下げ、高血圧が原因で起こる犬の慢性心不全や猫の慢性腎不全の治療、高血圧の治療に用いられます。
フォルテコール
1錠
¥179
在庫あり
フォルテコール
売れてます!フォルテコールはベナゼプリル塩酸塩を有効成分としたエランコ社の血圧を下げる動物用医薬品で、犬の慢性心不全や猫の慢性腎不全の治療薬です。
セミントラ4mg(猫用)
1本
¥4,400
在庫あり
セミントラ4mg(猫用)
猫の慢性腎不全における蛋白尿の漏出を減少させ、症状の進行を効果的に抑制するための治療薬です。投薬に伴う猫のストレスを軽減するためのシリンジが付属します。
バイトリル錠(バイロシン)
1錠
¥47
在庫あり
バイトリル錠(バイロシン)
バイトリル錠はペット用のニューキノロン系抗菌剤です。膀胱炎など主に尿路感染症の治療に使われており、1日1回の投与で、幅広い細菌に対して強力な殺菌効果を発揮します。
アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)
1錠
¥39
在庫あり
アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)
バイトリルのジェネリックです。消化器、呼吸器および尿生殖路の細菌感染症、皮膚、二次創傷感染症および外耳炎の治療に用いられる安全性の高い犬猫用の抗生剤です。
クラベット
1錠
¥294
在庫あり
クラベット
クラベットは犬・猫の細菌感染症の治療に使われる複合抗生物質です。2つの有効成分の相互補完作用により、幅広い種類の細菌に対して有効です。
チバセン10mg
1錠
¥89
在庫あり
チバセン10mg
チバセンは、犬の僧帽弁閉鎖不全症による心臓への負担を軽減し、猫の慢性腎不全の進行を遅らせるための治療薬です。
クラリスロマイシン錠
1錠
¥200
在庫あり
クラリスロマイシン錠
クラリスロマイシン錠はマクロライド系抗生物質の錠剤で犬猫ともにお使い頂けます。気管支炎、皮膚感染症など幅広い細菌性感染症の治療に用いられます。
ネフロテックDS
1本
¥1,400
在庫あり
ネフロテックDS
膀胱結石の分解と再発予防および利尿作用によるデトックスのサポート、尿路の抗菌作用がある天然ハーブのサプリメントです。
クラブロックス(クラバモックス)
1本
¥4,500
在庫あり
クラブロックス(クラバモックス)
クラブロックスはアモキシシリンとクラブラン酸の二つの成分を配合した抗生物質で、犬・猫の細菌性感染症に幅広くご使用いただけます。
アシドユリン
1錠
¥26
在庫あり
アシドユリン
塩化アンモニウムが含有された犬猫の尿路結石の治療薬です。尿のアルカリ化が原因のストルバイト結石を尿のpHを酸性に傾けることで改善・予防します。
プロパリンシロップ
1本
¥2,933
在庫あり
プロパリンシロップ
尿道括約筋の収縮剤フェニルプロパノールアミンのシロップです。主に雌犬の尿道括約筋の弛緩に起因する尿漏れなどに用いられるお薬です。
クロミカルム錠
1錠
¥143
在庫あり
クロミカルム錠
ペットの分離不安症を和らげるための補助療法薬です。有効成分の塩酸クロミプラミンが不安やストレスを軽減し、問題行動を抑制します。
セフペットドライシロップ
1本
¥1,966
在庫あり
セフペットドライシロップ
膀胱炎などの尿路感染症や膿皮症などの皮膚感染症の治療に使う抗生物質です。粉末状のシロップなので、そのままでも液体に溶いても飲ませることができます。
ユリナリートラックサポート60猫用フィッシュ味
1本
¥4,000
在庫あり
ユリナリートラックサポート60猫用フィッシュ味
猫の泌尿器の健康をサポートするサプリメントです。10種類の有効成分が尿路結石や膀胱炎などの原因となる尿のpH値のバランスを整えます。
クラニマルズゴールド
1袋
¥3,700
在庫あり
クラニマルズゴールド
膀胱炎や白内障の予防・腎機能の活性効果に注目が集まるクランベリーにDHAオメガ3を配合したサプリメント。尿路感染症の予防、目や脳、皮膚や関節の健康の維持をサポートします。
ジスロマック細粒
1箱
¥2,650
在庫あり
ジスロマック細粒
ジスロマック細粒は抗炎症作用もあるマクロライド系の抗生物質アジスロマイシンのお薬です。細菌のタンパク質の成長を阻害して増殖を抑制する静菌性の抗生物質ですが、高用量では殺菌的に作用します。
ウリリンシロップ
1本
¥4,933
在庫あり
ウリリンシロップ
有効成分塩酸フェニルプロパノールアミン含有の尿失禁治療薬です。避妊手術をした雌犬や高齢の犬に見られる尿道括約筋の弛緩による尿漏れ(尿失禁)を抑えます。
ブラッダーストレングス犬用
1本
¥4,400
在庫あり
ブラッダーストレングス犬用
ブラッダーストレングスは、愛犬のホルモンレベルを調整し、腎機能、膀胱の健康をサポートする犬用サプリメントです。主成分のパンプキン種子パウダーなどが正常なホルモンレベルをキープします。
ベトリブラッダー犬用
1袋
¥4,666
売切れ
ベトリブラッダー犬用
ベトリブラッダー犬用は有効成分のイソフラボンが膀胱筋に働きかけ膀胱機能や排尿をサポートするためのサプリメントです。特に避妊手術を行った雌犬や高齢犬の膀胱機能の低下を防ぎ、正常な働きをサポートします。
ジスロマック錠
1錠
¥473
在庫あり
ジスロマック錠
マクロライド系抗生物質アジスロマイシン製剤ジスロマック錠です。細菌のタンパク質の成長を阻害することで細菌の繁殖を防ぎます。抗炎症作用があり、細菌による炎症、化膿、感染症に高い効果を発揮します。
フェリウェイスプレー
1本
¥3,750
在庫あり
フェリウェイスプレー
猫に安心感を与えるフェロモンの合成物を配合したスプレーです。緊張の緩和や、引っかき・オシッコの撒き散らしなどの問題行動の防止に有効です。
タリビッド錠
1錠
¥130
在庫あり
タリビッド錠
タリビッド錠はニューキノロン系の抗菌剤オフロキサシンのお薬です。皮膚、呼吸器、泌尿器、消化器、眼、耳など、広い範囲の感染症治療に用いられます。
サーモンオイルオメガ3脂肪酸
1本
¥2,133
在庫あり
サーモンオイルオメガ3脂肪酸
海洋汚染や抗生物質と無縁のクリーンなアラスカの海で育った100%天然のサーモンから抽出した良質なフィッシュオイル。含有のオメガ3脂肪酸(DHA/EPA)は愛犬、愛猫の健康維持し、毛並み・毛艶を美しく保ちます!
イパキチン
1本
¥6,100
在庫あり
イパキチン
犬や猫の慢性腎不全における腎機能をサポートするためのサプリです。配合成分のキトサンと炭酸カルシウムは血中内に腎機能を低下させるリンや毒素を除去する作用があり、腎不全の悪化や尿毒症の発症を予防します。
フロセミドドロップ
1本
¥2,833
売切れ
フロセミドドロップ
※取扱終了※
犬、猫用の利尿剤です。利尿作用により余分な水分を排出する働きを持ちます。循環血液量の増加によって起こる肺水腫、浮腫、心臓病の治療に用いられ、肺水腫やうっ血性心不全による咳や呼吸困難など浮腫の症状を改善します。
UTサポート猫用
1袋
¥2,600
売切れ
UTサポート猫用
※取扱終了※
UTサポート猫用は泌尿器のサポートするサプリメントです。有効成分にN-アセチルグルコサミンやクランベリーエキスなどを配合しています。

ペットの腎臓病・泌尿器疾患について

犬や猫は腎臓・泌尿器の病気にかかりやすい動物です。

人間の場合、腎臓や泌尿器はとても重要な器官であり、病気が起こってしまえば辛い症状が出ますよね。

犬や猫にとってもそれは同じです。

激痛を伴ったり、死に至る可能性があったりする恐ろしい病気です。

飼い主さんならペットには健康でいてほしい、辛い思いをさせたくないと考えると思います。

腎臓と泌尿器の病気は治りにくく、また治っても再発を繰り返すことの多いものばかりです。

早期治療ができれば症状の改善ができますし、治らない症状でも進行を遅らせることが可能になります。

普段からよくペットを観察し、異変を感じた際にはすぐに診察を受けるなど適切な処置を行ってペットの負担を少しでも軽くするように努めましょう。

  1. 目次
  2. 犬や猫の腎不全
  3. 治りにくい膀胱炎
  4. とっても痛い尿路結石
  5. ペットの尿漏れ
  6. 大事なのは食事と水

犬や猫の腎不全

犬や猫の腎不全

腎臓は動物が生命活動するために必要不可欠な働きを担っている、非常に重要な器官になります。

ペットの腎不全には「急性腎不全」と「慢性腎不全」の2種類があり、死因として挙げられることの多い非常に危険な病気です。

特に急性腎不全の場合は、悪化が急激なため命に関わってくることが多いです。

腎臓の主な機能には以下の4つものがあります。

・老廃物の除去
・尿の生成
・水分や電解質の調整
・ホルモンの分泌

これらの機能がうまく働かず、老廃物などを排出できなくなる状態が腎不全です。

急性腎不全の場合は食欲不振や嘔吐といった症状が突然現れますが、慢性腎不全の場合は進行がゆるやかなため気づいた時には症状がかなり進行してしまっていたということがよくあります。

症状が悪化すると痙攣を起こす、腎臓がほとんど機能しなくなるなどの危険が出てきます。

最悪の場合には尿毒症のようになり、自力での排泄すら不可能になるのです。

そして残念ながら腎不全は一度発症したら、完治は望めません。

「腎臓に負担をかけない食事療法」と「機能の低下をできる限り遅くする」

この2点が主な対処方法となり、同時に行っていきます。

消化吸収の良い食事に変更したり、飲み水の量を増やしたりして、老廃物の量を減らすように心がけましょう。

食事療法だけでは不十分な場合には、点滴治療、皮下輸液、造血剤、吸着炭の投与なども合わせて治療を進めます。

治りにくい膀胱炎

治りにくい膀胱炎

膀胱炎とは尿道から侵入した細菌が、膀胱の粘膜に感染し炎症を引き起こす病気のことを言います。

膀胱炎は犬や猫の泌尿器系の病気の中で、特に発症しやすい病気だと言えます。

さらに治りにくく、再発しやすい厄介な病気です。

・細菌感染
・腫瘍や外傷
・結石や結晶
・突発性

など膀胱炎の原因には様々なものがあります。

中でも細菌感染は犬に多く見られ、結晶は猫に多く見られる傾向があります。

排尿する際に時間がかかったり痛そうにしていたり、血尿が出るなどの症状が現れた場合は病気を疑うようにしてください。

またオス犬やオス猫には尿路閉塞を引き起こす可能性が高いです。

尿路閉塞は、結石などが尿道に詰まり尿が出なくなる状態のことを指します。

これはペットの体に大きな負担を与え、最悪の場合には死に至ることもあります。

膀胱炎の治療には「投薬による治療」と「基礎疾患の治療」の2つがあります。

膀胱炎は主にブドウ球菌、大腸菌、プロテウス属、レンサ球菌などによって引き起こされます。

これらの細菌に効果を発揮する抗生物質を投与し、治療を行います。

膀胱炎が長引いたり再発してしまう場合には、他の疾患が原因になっていることが考えられますので、腫瘍や結石などがないか検査し結果に応じて対応します。

しかし猫の突発性膀胱炎は、はっきりと原因が分かっていないため治療方法も確立されていません。

はっきりとは分かっていませんが、ストレスが大きく関わっているという説が有力です。

猫の暮らしやすい環境を整え、できる限りストレスフリーに過ごさせてあげると良いでしょう。

とっても痛い尿路結石

とっても痛い尿路結石

尿路結石は人間が体験できる3大激痛のうちの1つとして飼い主さんもご存知のことと思います。

実はこの尿路結石、犬や猫にとって発症しやすく人間同様に激痛を伴う病気なのです。

腎臓、尿管、膀胱、尿道のいずれかに結石ができてしまう病気のことを尿路結石と言います。

ペットの尿路結石は主に「ストルバイト結石」と「シュウ酸カルシウム結石」の2種類があります。

尿にはカルシウム、マグネシウム、リンが含まれていますがそれらが増殖したり、pHのバランスが崩壊したりすることで結石が発生しやすくなります。

そして尿路結石を発症した際には、血尿、尿が出ない、痛がるなど他にも様々な症状が現れます。

2日以上にわたって尿が出ていない場合は要注意です。

排尿ができない状態が続いてしまうと、尿毒症を引き起こす危険性がどんどん高くなっていきます。

尿路結石の予防には運動や食事管理、水分補給が挙げられますが、その中でも水分補給が最も重要な予防法となります。

ペットがいつでも新鮮な水を飲めるように用意し、トイレを清潔に保って行きやすい環境を作ってあげるようにしましょう。

ストラバイト結石の場合なら、これで石が溶けてなくなります。

しかしシュウ酸カルシウム結石の場合は、食事管理や水分補給は効きません。

シュウ酸カルシウム結石を発症した際には、手術で結石を摘出します。

ペットの尿漏れ

ペットの尿漏れ

尿漏れは本人の意思とは関係なく排尿してしまうことで、尿失禁との言い方もあります。

ペットの寝具が濡れていたり、ペットが歩いた後に水滴が落ちていたりして飼い主さんが気づくことが多いです。

犬の尿漏れには、病気とは全く関係のないものがあります。

・興奮
・老化
・先天的な奇形

これら3つは泌尿器疾患の心配をしなくて良い尿漏れです。

興奮することで起こる尿漏れは一般的に「うれション」と言われているものにあたります。

興奮や飼い主の気を引きたくてお漏らししていることが多いです。

この場合は無視をするのが効果的です。

お漏らしをする度に無視するのを繰り返しているうちに、お漏らしをしたら無視されると犬が学習し、うれションをしなくなっていきます。

老化や先天的な奇形の場合は、犬用のおむつを履かせるなどして対処してあげてください。

反対に病気の可能性がある尿漏れは、命に関わってくるものなので十分に注意しましょう。

・多飲
・腫瘍(良性・悪性)
・尿路結石
・膀胱炎
・神経障害
・尿道括約筋機能不全
・前立腺肥大
・前立腺膿瘍

これらは病気の可能性があり、放置しておくのは危険です。

手術を行わなければならなくなったり、命に関わってきたりなどペットにも飼い主さんにも辛い状況になってしまいます。

ペットの尿漏れの予防方法はストレス軽減、食生活の見直しなどがあります。

ペットはデリケートでストレスを感じやすいため、落ち着いて過ごせる場所を作ってあげましょう。

また食事も大切です。

尿漏れする病気の予防には食生活をと水を飲む環境の見直しが必須です。

人間用の加工食品はペットに与えないように心がけてください。

水を飲む量ですが猫は特に水を飲まない生き物です。

飼い主さんは猫が水を飲むように工夫する必要があります。

普段からペットには適切な食事と水を与えてあげましょう。

大事なのは食事と水

大事なのは食事と水

腎臓・泌尿器疾患にどのようなものがあるか確認できましたか?

・一度発症したら完治は難しい
・再発を繰り返す
・治療や予防には食事と水が重要

これらの3つが多くの病気に当てはまっていますね。

発症してしまったら治療が難しいだけに、しっかりと予防してあげなければいけません。

特に腎臓や泌尿器疾患には水が非常に重要になってきます。

普段から新鮮な水を用意するなどして、ペットが水を飲むように努力しましょう。

これに加えて、ペットの様子や尿のチェックを心がけることで、早期発見・早期治療に繋がります。

TOPに戻る