クラリスロマイシン錠
  • クラリスロマイシン錠
  • クラリスロマイシン錠
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

クラリスロマイシン錠

更新日:
クラリスロマイシン錠はマクロライド系抗生物質の錠剤です。

気管支炎、皮膚感染症など幅広い細菌性感染症の治療に用いられます。


  • 細菌感染症の治療

有効成分:クラリスロマイシン

ご注文

250mg 4錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,700(1,7001箱あたり
51
売切れ
3箱
4,800(1,6001箱あたり
144
売切れ
5箱
7,600(1,5201箱あたり
228
売切れ
10箱
14,500(1,4501箱あたり
435
売切れ
20箱
27,600(1,3801箱あたり
828
売切れ

500mg 4錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,600(1,6001箱あたり
48
カゴに入れる
3箱
4,500(1,5001箱あたり
135
カゴに入れる
5箱
7,200(1,4401箱あたり
216
カゴに入れる
10箱
13,700(1,3701箱あたり
411
カゴに入れる
20箱
26,000(1,3001箱あたり
780
カゴに入れる

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

クラリスロマイシン 250mg 500mg

商品詳細

クラリスロマイシン錠はマクロライド系の抗生物質の錠剤です。
気管支炎、皮膚感染症など幅広い細菌性感染症の治療に用いられます。

ひとつの細胞から成り立つ細菌は細胞分裂により増殖することで、身体に症状を発症します。
マクロライド系抗生物質は細菌の蛋白合成を阻害して増殖を抑える静菌的な働きをします。
増殖を阻害された細菌は、次第に減少して死滅します。

【有効菌種】
本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、モラクセラ (ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌


参考

クラリスロマイシン錠200「 MEEK」(外部リンク)


投与方法・使用方法

体重1kgあたりクラリスロマイシンとして7.5mgを、12時間毎に経口投与する。

副作用

下痢や吐き気の症状が現れる場合があります。

注意事項

類似化合物で過敏症の認められた犬・猫に投与する場合は、使用の是非を慎重に判断してください。
本剤の使用に当たっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、適応症の治療上必要な最小限の投与に止めてください。
犬の皮膚感染症には様々な原因があることから、本剤の投与に当たっては、病気の状態をよく観察して使用の是非を慎重に判断してください。

メーカー

シプラ/Uni Medicolabs
上へ