犬膀胱炎

更新日:
犬の膀胱炎は再発も多い厄介な病気です。犬の膀胱炎の基礎知識の解説や各種治療薬のご紹介をしていきます。

売れ筋ランキング

犬膀胱炎の商品一覧

  • リクセン錠600(リレキシペット)

    リクセン錠600(リレキシペット)

    リクセン錠600は、犬猫兼用の細菌性皮膚感染症に有効な抗生物質です。 リレキシペット錠600と同じ有効成分であるセフェラキシンを配合しており、ブドウ球菌に対し、高い殺菌効果を有し、主に犬の膿皮症の治療に用いられています。
    製造:ビルバック

    もっと見る

    1箱2,866円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • バイトリル錠(バイロシン)

    バイトリル錠(バイロシン)

    バイトリル錠はペット用のニューキノロン系抗菌剤です。膀胱炎など主に尿路感染症の治療に使われており、1日1回の投与で、幅広い細菌に対して強力な殺菌効果を発揮します。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱1,000円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラリスロマイシン錠

    クラリスロマイシン錠

    クラリスロマイシン錠はマクロライド系抗生物質の錠剤です。
    気管支炎、皮膚感染症など幅広い細菌性感染症の治療に用いられます。
    製造:シプラ/Uni Medicolabs

    もっと見る

    1箱1,300円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ネフロテックDS

    ネフロテックDS

    膀胱結石の分解と再発予防および利尿作用によるデトックスのサポート、尿路の抗菌作用がある天然ハーブのサプリメントです。
    製造:ヒマラヤ

    もっと見る

    1本1,600円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • パセトシン錠ジェネリック

    パセトシン錠ジェネリック

    次回入荷時期未定
    パセトシン錠ジェネリックはペニシリン系抗生物質です。
    多くのグラム陽性菌・陰性菌に対して効果を発揮します。

    有効成分アモキシシリン配合で、細菌の細胞壁合成を阻害し、細菌性感染症の症状を改善する効果があります。
    製造:Mylan

    もっと見る

    1箱1,533円~
    売切れ
    詳細を見る
  • アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)

    アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)

    バイトリルのジェネリックです。消化器、呼吸器および尿生殖路の細菌感染症、皮膚、二次創傷感染症および外耳炎の治療に用いられる安全性の高い犬猫用の抗生剤です。
    製造:サバ・ベト

    もっと見る

    1箱3,900円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ビブラマイシンジェネリック

    ビブラマイシンジェネリック

    モノドックスはビブラマイシンのジェネリック薬品でテトラサイクリン系の抗生物質ドキシサイクリンのお薬です。細菌のタンパク質生成を阻害し、増殖を抑制することで静菌します。
    製造:デーヴァホールディングス

    もっと見る

    1箱1,800円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラブロックス(クラバモックス)

    クラブロックス(クラバモックス)

    クラブロックスはアモキシシリンとクラブラン酸の二つの成分を配合した抗生物質で、犬・猫の細菌性感染症に幅広くご使用いただけます。
    製造:ゾエティス

    もっと見る

    1本4,933円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セフペットドライシロップ

    セフペットドライシロップ

    膀胱炎などの尿路感染症や膿皮症などの皮膚感染症の治療に使う抗生物質です。粉末状のシロップなので、そのままでも液体に溶いても飲ませることができます。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1本1,966円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ビブラマイシン

    ビブラマイシン

    ビブラマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質塩酸ドキシサイクリンが含有されたお薬です。
    グラム陽性菌やグラム陰性菌、リケッチア、マイコプラズマ、クラミジアなどへ広い抗菌作用を示します。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱1,000円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アシドユリン

    アシドユリン

    塩化アンモニウムが含有された犬猫の尿路結石の治療薬です。尿のアルカリ化が原因のストルバイト結石を尿のpHを酸性に傾けることで改善・予防します。
    製造:Dechra

    もっと見る

    1本3,200円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラニマルズゴールド

    クラニマルズゴールド

    膀胱炎や白内障の予防・腎機能の活性効果に注目が集まるクランベリーにDHAオメガ3を配合したサプリメント。尿路感染症の予防、目や脳、皮膚や関節の健康の維持をサポートします。
    製造:クラニマルズ

    もっと見る

    1袋3,700円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • タリビッド錠

    タリビッド錠

    タリビッド錠はニューキノロン系の抗菌剤オフロキサシンのお薬です。皮膚、呼吸器、泌尿器、消化器、眼、耳など、広い範囲の感染症治療に用いられます。
    製造:サノフィ

    もっと見る

    1箱1,300円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ビブラベット100ペースト

    ビブラベット100ペースト

    犬、猫の感染症の治療に使用されるお薬です。
    ブドウ球菌、レンサ球菌、大腸菌、肺炎桿菌、クラミジア属、パスツレラ属菌など幅広い種類の菌への効果があります。
    製造:ゾエティス

    もっと見る

    1箱39,200円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • マルボフロキサシン(ゼナキル錠)

    マルボフロキサシン(ゼナキル錠)

    次回入荷時期未定 マルボフロキサシン(ゼナキル錠)は、細菌性皮膚炎などの感染症を治療する、犬猫兼用の抗菌剤です。 幅広い細菌に対して強い効果を発揮します。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1箱1,220円~
    売切れ
    詳細を見る
  • アモキシシリンカプセル

    アモキシシリンカプセル

    アモキシシリンカプセルは、ペニシリン系の犬猫用抗生物質です。 殺菌力に優れ、発見が遅くなった感染症や急性感染症に効果的です。
    製造:ブリストルラボラトリーズ

    もっと見る

    1箱1,120円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ジスロマック錠

    ジスロマック錠

    ジスロマック錠は、多くの菌種に効果のあるマクロライド系の抗生物質です。
    抗炎症作用により、細菌性感染症の症状(炎症、化膿など)を改善します。
    主にクラミジア、淋病、咽頭炎、尿道炎などの感染症に高い効果を発揮します。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱4,060円~
    売切れ
    詳細を見る
  • クラベット

    クラベット

    ※取扱終了※ クラベットは犬・猫の細菌感染症の治療に使われる複合抗生物質です。2つの有効成分の相互補完作用により、幅広い種類の細菌に対して有効です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1箱2,943円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ジスロマック細粒

    ジスロマック細粒

    現在欠品中
    ジスロマック細粒は抗炎症作用もあるマクロライド系の抗生物質アジスロマイシンのお薬です。
    細菌のタンパク質の成長を阻害して増殖を抑制する静菌性の抗生物質ですが、高用量では殺菌的に作用します。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱2,650円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ブラッダーストレングス犬用

    ブラッダーストレングス犬用

    ブラッダーストレングスは、愛犬のホルモンレベルを調整し、腎機能、膀胱の健康をサポートする犬用サプリメントです。主成分のパンプキン種子パウダーなどが正常なホルモンレベルをキープします。
    製造:フードサイエンス

    もっと見る

    1本4,400円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ベトリブラッダー犬用

    ベトリブラッダー犬用

    ベトリブラッダー犬用は有効成分のイソフラボンが膀胱筋に働きかけ膀胱機能や排尿をサポートするためのサプリメントです。特に避妊手術を行った雌犬や高齢犬の膀胱機能の低下を防ぎ、正常な働きをサポートします。
    製造:フードサイエンス

    もっと見る

    1袋4,733円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

犬の膀胱炎

犬の膀胱炎

犬の膀胱炎は犬がかかりやすい病気の一つです。

適切な投薬によって症状は収まりますが、完治したと思ったら再発を繰り返すことの多い、とても厄介な病気でもあります。

膀胱炎を悪化させて愛犬を必要以上に苦しめることがないように、犬の膀胱炎について正しく知っておきましょう。

この記事では膀胱炎に使われる薬の基礎知識や、原因別の治療法について解説しています。

犬の膀胱炎に使用される薬

犬の膀胱炎の原因として最も多いのは、ブドウ球菌や大腸菌などの細菌による感染です。

そのため、犬の膀胱炎の治療には抗菌作用のある抗生剤を用いるのが一般的となっています。

ごく稀になんらかのウイルスや真菌(カビ)などが原因のこともありますが、その場合は原因に応じて抗ウイルス薬や抗真菌薬が用いられることになります。

膀胱炎の薬は海外通販で購入可能

膀胱炎の薬は海外通販で購入可能

犬の膀胱炎に効果のある抗生物質(抗菌薬)は、海外通販で購入することができます。

膀胱炎は一度かかると完治したと思っても再発しやすく、迅速な投薬治療が必要です。

症状が自然によくなることはあまり期待できず、悪化させてしまうと腎盂腎炎などを併発し、最悪は尿閉塞など命に関わる重篤な症状を引き起こすことも…。

ところが膀胱炎の兆候が出始めるのは、動物病院が閉まっている時間帯というのがお約束です。

辛そうにしている愛犬を前に、病院が開くのを待たなければならない飼い主さんも辛い思いをすることになるでしょう。

海外通販なら動物病院に行かなくても、処方薬と同じ成分の薬が安く購入できます。

いざという時にすぐ対処できるよう、犬の膀胱炎に効果のある薬を常備しておくことをおすすめします。

抗生剤の服用は何日間続ける?

抗生剤を服用後、2~3日で症状が改善することがあります。

しかし、この時点だとほとんどの場合細菌は完全に死滅しておらず、投薬をやめてしまうと再び増殖する可能性が高い状態です。

そのため、万全を期すには2~3週間継続して投薬を続け、完全に細菌を死滅させることが大切です。

病院で処方してもらったお薬は、途中で中断せずに最後まで飲み切りましょう。

ただし、数日間服用しても症状が改善されない場合は、薬剤の種類が細菌に合っていない可能性があります。

その場合は有効成分の異なる抗生剤に変更し、症状の改善を図ることが大切です。

原因によっては薬では治療できないことも

犬の膀胱炎の多くは細菌感染によって引き起こされます。
しかし、原因は一つではありません。

犬の膀胱炎の原因
  • 細菌感染
  • 膀胱結石
  • 膀胱内の腫瘍
  • 生殖器の疾患

細菌感染が原因の膀胱炎は抗生剤で治療できますが、それ以外の要因によって引き起こされた膀胱炎は、抗生剤のみで治療することはできません。

根本にある疾患の治療が必要になるため、何かおかしいと感じた場合は早めにかかりつけの動物病院を受診して検査を受けましょう。

犬の膀胱炎はどんな病気?

犬の膀胱炎はどんな病気?

犬の膀胱炎は、細菌感染や結石などによって膀胱の粘膜に炎症が生じ、痛み・頻尿・残尿感などの不快な症状を引き起こす病気です。

犬の泌尿器系の病気としては珍しいものではありませんが、厄介なのは再発のリスクが高いということ。

何度も再発するうちに慢性化し、完治までにかなりの時間が必要になることもあります。

また、膀胱炎の中には適切な治療を施してもなかなか治らない原因不明の難治性もあり、いずれにしろ根気強く治療を進めていくことが大切です。

犬の膀胱炎の症状

犬が膀胱炎を発症すると、次のような症状がみられるようになります。

膀胱炎の症状
  • 何度も繰り返しトイレに行く
  • 排尿しても出ている尿はほんのわずか
  • 排尿しようとしてもほとんど尿が出ない
  • 尿に鮮血が混ざっている
  • 尿のにおいがいつもより臭い
  • トイレ以外の場所で尿をしている
  • 陰部を気にしてなめている
  • 排尿時に鳴き声をあげる
  • いつもに比べてやたらと水を飲む

上記にあげた症状は、いずれも膀胱内の痛みや不快感によって引き起こされるものです。

また、意外な症状としては排便の回数が増えるケースも。
これは尿の出が悪いせいで強くいきむことにより、尿ではなく便が出てしまうことが原因と考えられます。

膀胱炎が進行すると

犬の膀胱炎が進行すると、膀胱内の炎症部分が化膿して濁った尿や血尿をするようになります。

膀胱炎初期は尿中に一部鮮血が見られる程度だったものが、症状の進行によって尿全体が赤く染まるほどの出血がみられることも。

さらに症状が進行すると、尿管の炎症によって尿が出せなくなる尿閉塞を引き起こし、腎盂(腎臓と尿管の接続部分)から腎臓にまで炎症が広がることもあります。

これは腎臓の機能にダメージを負う可能性のある、非常に危険な状態です。
一刻も早く治療をしないと命に関わります。

普段と違った行動、血尿が見られた場合には速やかに動物病院へ受診しましょう。

犬の膀胱炎の原因

犬の膀胱炎の原因

犬が発症する泌尿器系疾患の中で、膀胱炎は筆頭にあげられる病気です。

原因はいくつかありますが、中でも多い細菌感染結石について詳しくみていきましょう。

細菌感染

尿道から侵入した大腸菌やブドウ球菌などの細菌による感染が原因で、膀胱炎が引き起こされます。

本来であれば、細菌の侵入は免疫系統によってブロックされますが、ストレス・疲労・体力の衰え等、
なんらかの原因によって免疫力が低下していると、突破されてしまうことに…。

オス犬に比べてメス犬が細菌感染による膀胱炎にかかりやすくなっており、
これは肛門と尿の出口が近いため、自分自身の便や下痢の細菌が尿道に侵入してしまうことが原因です。

結石

犬の膀胱内に生じた結石が膀胱の粘膜を傷つけることにより、膀胱炎を引き起こすことがあります。

膀胱炎の原因となる結石はストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)結石と、シュウ酸カルシウム結石の2種類です。

どちらも食事内容や体質が尿のpHや成分に影響を与えた結果、結石が生じたと考えられますが、遺伝的に結石を作りやすい犬種がいることも判明しています。

ストルバイト結石
  • 結石を作りやすい成分:カルシウム・マグネシウム・リン・尿酸・ケイ酸
  • 発症しやすい犬種:シーズー・シュナウザー・柴犬・コーギーなど
シュウ酸カルシウム結石
  • 結石を作りやすい成分:シュウ酸カルシウム
  • 発症しやすい犬種:シュナウザー・シーズー・ヨーキー・パピヨン・ポメラニアンなど

原因を特定するには

犬の膀胱炎を適切に治療するには、原因をしっかり特定することが大切です。
そのためにもまずは動物病院を受診して検査を受けましょう。

  • 尿検査→細菌感染の有無・炎症や出血の状態を確認
  • エックス線検査や超音波検査→結石の有無、膀胱壁肥厚の確認

比較的単純な細菌感染の場合は、尿検査のみで投薬治療が開始されることもあります。

しかし再発を繰り返す場合はエックス線検査や超音波検査で膀胱の状態を確認し、重篤な原因が隠れていないか調べることになるでしょう。

犬の膀胱炎の治療方法

犬の膀胱炎の治療方法

犬の膀胱炎は原因によって治療方法が異なります。
きちんと原因を特定し、最も適切な治療方法を選択することが完治を目指すうえでとても大切です。

原因別の治療方法を紹介していきます。

細菌感染による膀胱炎

犬の膀胱炎の原因が細菌感染によるものと判明したら、抗生物質の投与による治療が行われます。

セフェム系ニューキノロン系の抗菌薬を用いて細菌感染の原因となった菌を死滅させるのが一般的ですが、効果がみられない場合は異なる成分の抗生剤を用いることも。

主な抗生剤
  • テトラサイクリン系
  • フルオロキノロン系
  • セファロスポリン系
  • ペニシリン系

犬の体質や細菌の種別などに応じて選択されることになるでしょう。

細菌感染の治療薬
バイトリル錠 リクセン錠600
商品名 バイトリル錠 リクセン錠600
有効成分 エンロフロキサシン セファレキシン
用量 50mg・150mg 600mg
価格 50mg100錠:5,000円~ 7錠1箱:3,200円~
購入する 購入する

ストルバイト結石

ストルバイト結石が犬の膀胱炎の原因と判明した場合は、食事を療法食に変えることが基本の治療となります。

療法食と薬の併用により、尿に含まれるカルシウム・マグネシウム・リン・尿酸・ケイ酸の濃度を意図的に低下させ、pHを酸性に傾けることで結石を溶解させます。

およそ1~4ヶ月程度で膀胱内の結石は溶解されますが、犬の体質や尿の状態によって結石消失後も療法食を続けることがあります。

膀胱炎を繰り返す犬の場合は、予防も含めて療法食を生涯続けていくと考えたほうがよいでしょう。

ストルバイト結石の治療薬
アシドユリン
商品名 アシドユリン
有効成分 塩化アンモニウム
用量 100mg
価格 100錠1本:3,400円~
購入する

シュウ酸カルシウム結石

犬の膀胱炎の原因がシュウ酸カルシウム結石と判明した場合は、残念ながら療法食での溶解はできません。

そのため、結石が小さければ利尿剤などを用いて排出を促すことはありますが、基本的には外科手術によって摘出する方法が検討されることになります。

シュウ酸カルシウム結石はトゲのような形で形成されるため、痛みや血尿が激しくなりやすく、様子見をしている余裕はありません。

手術を避けようとすると長い期間犬が苦しむことになることから、今のところ外科的に摘出するのが最善の方法といえそうです。

犬の膀胱炎を予防する方法

犬の膀胱炎を予防する方法

犬の膀胱炎は再発を繰り返すとても厄介な病気です。
日頃から膀胱炎の原因を作らないよう、積極的な予防を取り入れていきましょう。

予防方法
  • 下痢や便で汚れないように肛門と尿の出口周辺の清潔を保つ
  • 長毛犬種は肛門周辺の被毛をこまめにカットする
  • 排尿を長時間我慢することがないように環境を整える
  • 定期的に健康診断を受け、膀胱と尿の状態を把握しておく
  • 症状がみられた場合は初期段階で治療を開始する
  • 結石を作らないよう食事内容の栄養バランスに留意する

どんなに気をつけていても、膀胱炎は再発することがあります。
だからこそ、いざという時の常備薬を用意しておくと、あわてずに対処できるのではないでしょうか。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
最近チェックした商品
ようこそ、にくきゅう堂へ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

最近チェックした商品
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

公式Twitter運営中!
にくきゅう堂公式twitter

SALE速報/お役立ち情報を発信中!

にくきゅう堂コラム
にくきゅう堂コラム

ペットのこと、おくすりのこと、知って役立つ記事を更新中!

お知らせお知らせ一覧
上へ