配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
【年中無休】電話注文受付
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、法令の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

肝臓

更新日:
デノシル
1箱
¥4,933
在庫あり
デノシル
猫や犬の肝機能サポートをするためのサプリメントで肝臓にとって重要な物質S-アデノシルメチオニンを補充し、肝臓の保護や機能をサポートします。
デナマリン
1箱
¥5,233
在庫あり
デナマリン
猫や犬の肝機能サポートをするためのサプリメントです。2つの有効成分SAMe(S-アデノシルメチオニン)、シリビニンの相互作用により肝臓のデトックス作用を高めて肝細胞の再生を促します。
Liv.52ペットリキッド
1本
¥2,200
在庫あり
Liv.52ペットリキッド
Liv.52ペットリキッド(犬猫共用)は肝機能の回復・保護と食欲不振・消化吸収の改善をサポートする天然ハーブのサプリメントです。
NuCatマルチビタミン猫用
1袋
¥1,800
売切れ
NuCatマルチビタミン猫用
NuCatマルチビタミンは、タウリンをはじめとする20種類以上の栄養素を含んだ猫用マルチビタミン/ミネラルサプリメントです。特にシニアの猫にはタウリンが目や心臓、肝臓の健康をサポートしてくれます。

肝臓のサプリメントについて

犬や猫も肝臓の機能は、人間とほとんど変わりません。

人間と同じように犬や猫にとっても、たくさんの働きを持っている肝臓は非常に重要な臓器です。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれていることは、多くの方がご存知だと思います。

肝臓は再生能力が高く、多少の損傷で症状が現れることはありません。

しかし、一定の限度を超える損傷を受けた場合に症状が一気に現れ、その時にはすでに深刻な状態となっていることが多いことから、沈黙の臓器という呼び方がつきました。

手遅れになる前に日頃から肝臓を労わってあげたいもの。

そのためには、サプリメントでの補助が有効です。

当サイトで扱っているサプリメントは肝臓の保護や肝機能のサポートに有効で、ペットへの安全と健康面に配慮したものとなっています。

  1. 目次
  2. 肝臓について
  3. 肝臓病
  4. サプリメント

肝臓について

肝臓について

肝臓は、体重の2~3%にあたる重さを持っている体内で最大の臓器です。

肝臓は様々な役割を担っていますが、その中でも重要視されているものがあります。

・吸収した栄養素の代謝と合成
・食べ物の栄養から代謝したブドウ糖の貯蔵
・体内の毒素の分解
・胆汁の生成

このように肝臓は複数の役割を持っているため、病気を発症してしまうと色々な症状を伴います。

しかし前述のように病気の発症や進行に気づきにくく、気がついた時には重症化していることが少なくありません。

肝臓病を早期発見するには、血液検査が有効な方法です。

ALT(GPT)やAST(GOT)、γ-GTPなどの数値から異常を見つけ出すことが可能です。

重症化すると、肝硬変や劇症肝炎をといった症状を引き起こす危険があります。

肝臓は非常に重要な臓器なので、病気にかかってしまうと体への影響が大きく出ます。

ペットの体に負担をかけないように、病院で定期的に検査を受けるように心がけましょう。

肝臓病

肝臓病

元気や食欲がない
嘔吐や下痢、軟便をしている
水を多く飲んでいる(多飲)」など

このような様子が見られた際には、肝臓病の初期症状が疑われます。

ですが目立つ特徴がないことや、症状が表面化しないことから見過ごされることがあります。

また他の病気の症状と似ているところがあるため、区別がつきにくく判断するのが難しいのです。

ペットによっては、末期になるまでほとんど症状を見せないこともあります。

元気に見えるようで、代謝や解毒作用は確実に深刻な状態となっているでしょう。

そして末期まで肝臓の症状が進行してしまった状態を「肝硬変」と呼びます。

肝硬変とは、肝臓が繊維化し小さく硬く変質する病気のことです。

ここまで進むともう肝機能の大半が失われており、現代の医学を持ってしても回復させることは非常に困難になっています。

さらに肝硬変になった場合、肝臓に備わっている高い再生能力もその機能を止めてしまっているのです。

治療を行っても完治することは不可能で、症状の進行を最低限にするための対症療法といった手段を取ります。

肝硬変は肝臓周辺に痛みを感じるのに加えて、症状がはっきり出てくるようになります。

・黄疸:皮膚や歯茎、眼球の白目部分が黄色ぽくなる症状
・腹水:腹部に体液が溜まり硬く張る症状
・肝性脳症:痴呆症のように認知能力の低下、攻撃的になる、意識障害などの症状

このような症状が見られる肝臓病ですが、原因は様々で特定ができる保証はありません。

原因の特定ができるとは限りませんが、考えられる原因は以下のものがあります。

・食生活
・有害物質による中毒
・細菌やウイルス
・遺伝子的な要因
・肝腫瘍

症状がなかなか表面化しない肝臓病は、どうやって予防すればいいのでしょうか。

肝臓病を引き起こす原因には様々なものがありますが、その中でも最も多いのが「食生活」によるものだと言われます。

そのため普段から食生活に気をつけてあげることが、肝臓病の一番の予防となるのです。

普段ペットに与えているフードを、今一度見直してみましょう。

ペットの肝臓に負担をかけるような添加物が多く含まれている場合、肝臓へのダメージが蓄積されてしまいます。

・人工的な添加物が含まれていないもの
人工的な添加物は、ペットの体に負担がかかります。
自然由来のものが使用されているものを選ぶようにしましょう。

・良質なたんぱく質のフード
タンパク質はぺえとにとって、非常に大切な栄養素となります。

これらがペットの肝臓に良いと言われるフードの必須条件となります。

肝臓に負担が少ないものとして、魚類や乳製品のたんぱく質が挙げられます。

これらは副産物(アンモニア)の生産も少なくおすすめです。

肝臓病を発症してしまった時には、治癒を考えて乳製品などからたんぱく質を摂取するのがいいですが、予防のためにペットに与える場合は肉類のたんぱく質も良いでしょう。

・低脂肪のフード
また低脂肪のフードがおすすめです。
脂肪分の多いものは、ペットの肝臓に負担がかかってしまいます。

肝臓は毒素を分解したり、ろ過したりで常に動いているので低脂肪のものを選ぶと良いでしょう。

サプリメント

サプリメント

ペットにサプリメントを使用することで、肝臓を保護できることがあります。

デノシルは、犬猫の肝臓の保護や肝機能のサポートに有効です。

デノシルに含まれているS-アデノシルメチオニンは、肝臓にとって重要な物質となります。

健康的な肝機能を維持する効果を発揮する成分です。

他にもLiv.52ペットリキッドという犬猫用のサプリメントもあります。

Liv.52ペットリキッドは肝機能の回復や保護、食欲不振、消化吸収の改善をサポートします。

毒素や薬物、化学物質から肝臓を保護し、肝細胞の再生を促進することで損傷を修復する働きがあります。

どちらのサプリメントも副作用は報告されていませんので、安心してお使いいただけます。

万が一、異常が現れた場合には使用を中止して病院に連れて行きましょう。

TOPに戻る