猫膀胱炎

更新日:
猫がかかりやすい病気の1つである膀胱炎。猫の膀胱炎の症状や原因の説明、また治療薬の販売を行っております。

売れ筋ランキング

猫膀胱炎の商品一覧

  • リクセン錠600(リレキシペット)

    リクセン錠600(リレキシペット)

    リクセン錠600は、犬猫兼用の細菌性皮膚感染症に有効な抗生物質です。 リレキシペット錠600と同じ有効成分であるセフェラキシンを配合しており、ブドウ球菌に対し、高い殺菌効果を有し、主に犬の膿皮症の治療に用いられています。
    製造:ビルバック

    もっと見る

    1箱2,866円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トキソモックス

    トキソモックス

    トキソモックスは、アモキシシリンとクラブラン酸カリウムを有効成分にもつ抗生物質「オーグメンチン」のジェネリック医薬品です。 皮膚感染症や呼吸器感染症などの細菌性の病気に効果を発揮します。
    製造:サバベット

    もっと見る

    1箱1,633円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • バイトリル錠(バイロシン)

    バイトリル錠(バイロシン)

    バイトリル錠はペット用のニューキノロン系抗菌剤です。膀胱炎など主に尿路感染症の治療に使われており、1日1回の投与で、幅広い細菌に対して強力な殺菌効果を発揮します。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1箱1,000円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラリスロマイシン錠

    クラリスロマイシン錠

    クラリスロマイシン錠はマクロライド系抗生物質の錠剤です。
    気管支炎、皮膚感染症など幅広い細菌性感染症の治療に用いられます。
    製造:シプラ/Uni Medicolabs

    もっと見る

    1箱1,300円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ネフロテックDS

    ネフロテックDS

    膀胱結石の分解と再発予防および利尿作用によるデトックスのサポート、尿路の抗菌作用がある天然ハーブのサプリメントです。
    製造:ヒマラヤ

    もっと見る

    1本1,600円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • パセトシン錠ジェネリック

    パセトシン錠ジェネリック

    次回入荷時期未定
    パセトシン錠ジェネリックはペニシリン系抗生物質です。
    多くのグラム陽性菌・陰性菌に対して効果を発揮します。

    有効成分アモキシシリン配合で、細菌の細胞壁合成を阻害し、細菌性感染症の症状を改善する効果があります。
    製造:Mylan

    もっと見る

    1箱1,533円~
    売切れ
    詳細を見る
  • アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)

    アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)

    バイトリルのジェネリックです。消化器、呼吸器および尿生殖路の細菌感染症、皮膚、二次創傷感染症および外耳炎の治療に用いられる安全性の高い犬猫用の抗生剤です。
    製造:サバ・ベト

    もっと見る

    1箱3,900円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セフペットドライシロップ

    セフペットドライシロップ

    膀胱炎などの尿路感染症や膿皮症などの皮膚感染症の治療に使う抗生物質です。粉末状のシロップなので、そのままでも液体に溶いても飲ませることができます。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1本1,966円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ビブラマイシンジェネリック

    ビブラマイシンジェネリック

    モノドックスはビブラマイシンのジェネリック薬品でテトラサイクリン系の抗生物質ドキシサイクリンのお薬です。細菌のタンパク質生成を阻害し、増殖を抑制することで静菌します。
    製造:デーヴァホールディングス

    もっと見る

    1箱1,800円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラブロックス(クラバモックス)

    クラブロックス(クラバモックス)

    クラブロックスはアモキシシリンとクラブラン酸の二つの成分を配合した抗生物質で、犬・猫の細菌性感染症に幅広くご使用いただけます。
    製造:ゾエティス

    もっと見る

    1本4,933円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ビブラマイシン

    ビブラマイシン

    ビブラマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質塩酸ドキシサイクリンが含有されたお薬です。
    グラム陽性菌やグラム陰性菌、リケッチア、マイコプラズマ、クラミジアなどへ広い抗菌作用を示します。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱1,000円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アシドユリン

    アシドユリン

    塩化アンモニウムが含有された犬猫の尿路結石の治療薬です。尿のアルカリ化が原因のストルバイト結石を尿のpHを酸性に傾けることで改善・予防します。
    製造:Dechra

    もっと見る

    1本3,200円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ユリナリートラックサポート60猫用フィッシュ味

    ユリナリートラックサポート60猫用フィッシュ味

    猫の泌尿器の健康をサポートするサプリメントです。10種類の有効成分が尿路結石や膀胱炎などの原因となる尿のpH値のバランスを整えます。
    製造:フードサイエンス

    もっと見る

    1本4,000円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ベラフロックス猫用経口液

    ベラフロックス猫用経口液

    猫用の皮膚、口、呼吸系、尿路系の感染治療薬です。細菌のDNA合成を阻害し、増殖を抑制する新しいタイプの抗生物質。有効成分はプラドフロキサシン。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1本3,333円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラニマルズゴールド

    クラニマルズゴールド

    膀胱炎や白内障の予防・腎機能の活性効果に注目が集まるクランベリーにDHAオメガ3を配合したサプリメント。尿路感染症の予防、目や脳、皮膚や関節の健康の維持をサポートします。
    製造:クラニマルズ

    もっと見る

    1袋3,700円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • タリビッド錠

    タリビッド錠

    タリビッド錠はニューキノロン系の抗菌剤オフロキサシンのお薬です。皮膚、呼吸器、泌尿器、消化器、眼、耳など、広い範囲の感染症治療に用いられます。
    製造:サノフィ

    もっと見る

    1箱1,300円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ビブラベット100ペースト

    ビブラベット100ペースト

    犬、猫の感染症の治療に使用されるお薬です。
    ブドウ球菌、レンサ球菌、大腸菌、肺炎桿菌、クラミジア属、パスツレラ属菌など幅広い種類の菌への効果があります。
    製造:ゾエティス

    もっと見る

    1箱39,200円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • マルボフロキサシン(ゼナキル錠)

    マルボフロキサシン(ゼナキル錠)

    次回入荷時期未定 マルボフロキサシン(ゼナキル錠)は、細菌性皮膚炎などの感染症を治療する、犬猫兼用の抗菌剤です。 幅広い細菌に対して強い効果を発揮します。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1箱1,220円~
    売切れ
    詳細を見る
  • アモキシシリンカプセル

    アモキシシリンカプセル

    アモキシシリンカプセルは、ペニシリン系の犬猫用抗生物質です。 殺菌力に優れ、発見が遅くなった感染症や急性感染症に効果的です。
    製造:ブリストルラボラトリーズ

    もっと見る

    1箱1,120円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ジスロマック錠

    ジスロマック錠

    ジスロマック錠は、多くの菌種に効果のあるマクロライド系の抗生物質です。
    抗炎症作用により、細菌性感染症の症状(炎症、化膿など)を改善します。
    主にクラミジア、淋病、咽頭炎、尿道炎などの感染症に高い効果を発揮します。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱4,060円~
    売切れ
    詳細を見る
  • クラベット

    クラベット

    ※取扱終了※ クラベットは犬・猫の細菌感染症の治療に使われる複合抗生物質です。2つの有効成分の相互補完作用により、幅広い種類の細菌に対して有効です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1箱2,943円~
    売切れ
    詳細を見る
  • UTサポート猫用

    UTサポート猫用

    ※取扱終了※
    UTサポート猫用は泌尿器のサポートするサプリメントです。有効成分にN-アセチルグルコサミンやクランベリーエキスなどを配合しています。
    製造:フードサイエンス

    もっと見る

    1袋2,600円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ジスロマック細粒

    ジスロマック細粒

    現在欠品中
    ジスロマック細粒は抗炎症作用もあるマクロライド系の抗生物質アジスロマイシンのお薬です。
    細菌のタンパク質の成長を阻害して増殖を抑制する静菌性の抗生物質ですが、高用量では殺菌的に作用します。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱2,650円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

猫の膀胱炎

猫の膀胱炎

猫はおしっこに関わる病気が多く、膀胱に何らかの原因で炎症が生じた状態が膀胱炎です。

膀胱炎は猫がかかりやすい病気の一つでもあります。

そんな膀胱炎を予防する方法あるのか、またかかってしまった時に効くお薬はどんなものがあるのでしょうか。

今回は、猫の膀胱炎や市販薬などについて詳しく紹介していきます!

猫の膀胱炎に効く市販薬はある?

猫の膀胱炎に効果のある市販薬は、残念ながら存在していないようです。

市販で購入できるものは、尿ケアグッズなどになり、市販薬というものがないです。

猫の膀胱炎治療薬は、海外通販動物病院を受診して購入するのが一般的な入手法になります。

市販の尿ケアグッズは多数登場している

市販の治療薬を購入するのは難しくても、猫のおしっこの健康をサポートするキャットフードやサプリメントは各メーカーから様々な商品が販売されています。

例えばキャットフードなら、尿ケアや泌尿器サポート等が商品名にあるものなど、市販の尿ケアグッズは多数あります。

最近では猫用のサプリメントなども販売されており、ペットショップや国内の通販サイトなどでも購入できます。

普段からこれらの商品を上手に使い与える事で、膀胱炎の予防や健康サポートに繋げましょう。

猫の膀胱炎の薬は海外通販で手に入る

猫の膀胱炎の治療薬は、海外通販で入手することが可能です。

膀胱炎の原因は3つほどに分けられますが、それぞれの原因に合わせた数種類の治療薬や、ジェネリックと呼ばれる後発で安価な治療薬も多数存在します。

例えば、バイトリル錠、アシドユリンといった薬は、膀胱炎の治療や尿路結石を除去するための薬で、アタキシン錠はバイトリル錠のジェネリックになります。

種類が豊富なだけでなく、価格面からも飼い主さんが選ぶことができます。

海外通販で購入できる主な猫の膀胱炎治療薬を紹介します。

バイトリル錠 アタキシン錠 アシドユリン
商品名 バイトリル錠 アタキシン錠 アシドユリン
有効成分 エンロフロキサシン エンロフロキサシン 塩化アンモニウム
特徴 ・ペット用のニューキノロン系抗菌剤
・主に膀胱炎などの治療に使用
・バイトリル錠のジェネリック
・同じ用量でも安く購入可能
・尿路結石を除去する治療薬
・結石による膀胱炎に!
価格 1箱100錠:5,000円 1箱100錠:3,900円 1本100錠:3,400円
購入する 購入する 購入する

市販品よりも確実に膀胱炎を治療可能

市販品よりも確実に膀胱炎を治療可能

市販品の多くは、膀胱炎を治す目的ではなく、あくまでも健康を維持するためのものとして販売されています。

そのため、猫が膀胱炎を発症した時、市販のサプリやフードだけでは治療はできません。

膀胱炎治療を行うためには、海外通販や動物病院で処方されてた治療薬を使用しましょう。

海外通販であれば病院で処方される薬と同じものが購入できるので、市販品よりも確実に治療効果が期待できる薬を見つけられます。

動物病院に通院するより安い

動物病院で診察から治療まで一貫して診てもらうとすると、1回の通院で約7,000~13,000円ほど掛かります。

また症状が落ち着くまでは経過観察が必要で、何度か動物病院に掛かることになり、完治までの治療費も決して安くはありません。

海外通販を利用すると、猫の膀胱炎の薬を動物病院よりも安くまとめ買いできるので、治療コストを大幅に抑えることが可能です。

膀胱炎で動物病院に掛かった一例と海外通販の比較を見てみましょう。

動物病院 海外通販
ジェネリックを選択
1年6回通院
35,000円ほど
1年分の治療薬代
3,900円

1年間の治療費として換算すると、海外通販の方が31,000円ほどお得になります。

動物病院の価格が高い理由としては、薬の価格設定が独自でできること、獣医師の診察費が含まれるためです。

長く治療が必要な場合は、海外通販を選ぶことでコストを抑えることができます。

猫の膀胱炎はどんな病気?

猫の膀胱炎はどんな病気?

膀胱は、腎臓から送られてきたおしっこを貯めて尿道に排泄する役割があります。

しかし炎症が起きると膀胱が十分に膨らむことが出来ず、また尿道から入った細菌が膀胱まで逆行して炎症を引き起こします。

その結果、頻尿になったりお水を飲む回数が増えたり、排尿時に痛みが生じたりします。

猫の膀胱炎は犬に比べて細菌性の膀胱炎は少なく、原因のわからない猫下部尿路疾患(特発性膀胱炎)が多いという特徴があります。

膀胱炎は繰り返しやすく、軽く考えて様子を見ていると尿道閉塞という、命に関わる状況に陥る事もあります。

また、膀胱炎による排尿障害があると、腎臓病や尿毒症という重大な病気を引き起こす可能性も。

日頃から膀胱炎にならないようケアをするとともに、しっかりと治療を行っていきましょう。

膀胱炎を発症しやすい猫

猫の膀胱炎はオスよりも、メスの方が発症しやすいと言われています。

メスは尿道が短く、細菌が膀胱に侵入しやすいため、オスよりも発症しやすいので要注意です。

また、膀胱内の尿血症、尿結石により膀胱の粘膜に傷がつき膀胱炎になるケースもあります。

メスの猫を飼っている方は、毎日の猫の行動をチェックしておきましょう。

猫の膀胱炎の症状

膀胱炎が疑われる場合の状態・症状は以下の通りです。

膀胱炎の症状
  • 頻尿(1 日に何度もトイレに行く)
  • 半日以上おしっこが出ない(トイレに行くのに出ない)
  • 血尿(結石、結晶が原因かも)
  • トイレの失敗((残尿感があり、トイレが間に合わない)
  • 陰部をいつも気する、舐める(痛みやがあるのかも)

上記のような症状は一度に出るとは限りません。

膀胱炎の程度によって出る症状は異なります。

オスで尿道閉塞がある場合、症状が激しく出るため緊急処置が必要になる場合があります。

猫の膀胱炎の原因と種類

膀胱炎の原因になっているものは、大きく分けて以下の3つです。

原因により治療法が異なるため、猫が膀胱炎になった場合はまず原因を特定することが大切です。

ではそれぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

細菌性膀胱炎

細菌性膀胱炎は大腸菌ブドウ球菌が原因で発症する膀胱炎です。

尿検査により、これらの菌があるかどうか?を検査します。

ブドウ球菌(黄色ブドウ球菌)は皮膚から外陰部へ、大腸菌は便から外陰部へ侵入すると考えられます。

これらの細菌が、外陰部から尿道を伝って膀胱に感染することで発症します。

下痢などにより、体力が弱っている時は特に注意が必要で、オスに比べて、尿路が短いメスの方が細菌感染が起こりやすいと言われています。

膀胱炎=細菌感染と思われていますが、ウイルスや真菌(カビ)によって猫が膀胱炎を発症することは、それほど多くありません。

犬に比べると、細菌性の膀胱炎は猫には少ないようです。

細菌性膀胱炎におすすめの治療薬
アタキシン錠

アタキシン錠はバイトリルのジェネリックで、有効成分にエンロフロキサシンを含む膀胱炎の治療薬です。

高い殺菌作用があり、細菌性膀胱炎の治療薬としても使用されています。

50mg100錠
1箱 3,900円
150mg100錠
1箱 6,500円

尿路結石による膀胱炎

何らかの原因でできた結石・結晶が膀胱の粘膜を傷つけることで発症する膀胱炎です。

食事、生活習慣、体質、遺伝的要素など、何らかの原因で尿のpH値が乱れ、尿に溶け込んだ成分に変化し結石ができてしまいます。

膀胱にできた尿結石が膀胱の粘膜を傷つけることで膀胱炎になります。

代表的なものに、ストルバイト結石(=若猫に多い)と、>シュウ酸カルシウム結石(=中高齢の猫に多い)があります。

どちらの結石も、おしっこがアルカリ性に傾くとできやすくなります。

この結石が尿道に詰まると、尿道閉塞(尿道結石)となり、救急処置が必要です。

結石・結晶による膀胱炎の場合は、療法食での治療が一般的となります。

また、一度結石ができた猫は、再発の可能性が高くなります。

尿路結石による膀胱炎は、メス猫よりもオス猫に多く発症します。

これは、メス猫よりもオス猫の方が尿道が細長くカーブを描いている部分があり、さらに先端が細くなっているので、尿道に結石が詰まると重症化しやすいのです。

尿路結石による膀胱炎におすすめの治療薬
アシドユリン

塩化アンモニウムを含む、尿のpH値を調整するお薬です。

尿の酸性化を防ぎ、尿路結石を予防し、ストルバイト結石を溶解させ除去する効果があります。

100mg100錠
1本 3,400円
2本 6,400円

特発性膀胱炎

膀胱炎の症状があるのに、検査をしてもはっきりした原因がみつからない場合の膀胱炎に付けられる病名です。

猫の膀胱炎の約半分は、この特発性膀胱炎だと言われています。

比較的、若猫の方が発症しやすいようですが、原因が明らかではないため積極的な診断法は確立されていないようです。

細菌性膀胱炎や結石による膀胱炎を発症して、治療してもなお膀胱炎の症状が続いた場合に、
この特発性膀胱炎が隠れていた、ということもあるようです。

肥満やストレスが原因とも言われますが、はっきりしたことは未だ不明です。

外傷、膀胱腫瘍などでも膀胱炎を発症することもあります。

猫種による発症のしやすさ等はなく、どの猫種でもかかる可能性があります。

猫の膀胱炎はどのように検査する?

動物病院に行ったら基本的に尿検査が行われます。

検査内容
  • 尿のpH値を調べる
  • 尿中の細菌の有無を顕微鏡で確認
  • 超音波(エコー)検査やレントゲン検査等の画像検査
  • 血液検査

超音波やレントゲン、血液検査などは尿検査だけでは不確定で、必要に応じて行われます。

もし、猫のおしっこを自宅で取って来るように指示された場合、採取3時間以内、遅くても6時間以内に病院へ持参しましょう。

どうしても自宅で採取できない場合は、無理せず動物病院に相談しましょう。

猫が膀胱炎を発症してしまったら

猫が膀胱炎を発症してしまったら

猫が膀胱炎を発症してしまった場合、原因がわかっているならまずはその原因に対する改善を行います。
それと同時に膀胱内をきれいにするための治療とアフターケアが必要になります。

細菌性膀胱炎の場合は、抗生物質による投薬治療が施されます。

膀胱炎の程度によっては、消炎鎮痛剤が投与される場合もあります。

どちらの場合も、膀胱に溜まっている細菌や結石・結晶をきれいに洗い流すために尿量を増やす必要があります。

飲水量をお家で増やすことが難しい場合、輸液による皮下点滴や膀胱洗浄をすることがありますが、
お家では常にきれいなお水が飲めるような対策が必要です。

原因のわからない特発性膀胱炎の場合は、食事の内容や生活環境を改善しストレス軽減することが治療となる場合があります。

猫の膀胱炎はどれくらいで治る?

目安となる治療期間ですが、再発する可能性が高い病気であること、膀胱炎の原因によって治療時期に差があることなど、完治までの期間にはかなり幅があります。

細菌性膀胱炎の場合
14日程度
抗生物質投与による治療が一般的で、投薬期間は2週間が多い
投薬期間中もしくは投薬期間後に通院し、再度検査して細菌が確認できなければ完治
結石による膀胱炎
14日~
手術をした場合、療法食での治療の場合等で差がある
ストルバイト結晶の場合、通院のみで投薬+療法食での治療が大半のようですが、長期化する場合も
特発性膀胱炎の場合
2日~
原因が特定できないため再発する猫も多い
比較的長期間の治療が必要な猫も多い
治療方法がどうしても対症療法になる

特発性膀胱炎の場合は他の膀胱炎とは異なります。

というもの、まず原因が不確定であるため治療法を見つけるまでに時間がかかるケースがあります。

例えば、痛みのある猫には鎮痛剤を投与する、ストレスかも思えばそれを模索しながら排除する、という方法です。

その中で原因を探していく形になります。

目安というと難しいのですが、早ければ2日ほどで改善する猫もいるようです。

猫の膀胱炎は予防も大切

猫の膀胱炎は予防も大切

猫の膀胱炎は、一度治っても再発しやすい病気です。

そのため、膀胱炎を予防するには食生活の見直しや水分補給を考え、ケアする必要があります。

飼い主ができること
  • 水を飲ませる
  • 新鮮な水を用意する
  • トイレを清潔にする

猫は、普段からあまり水分を摂らない子が多いので、特に飲水量に関しては重要なポイントになります。

猫が1日に必要とする飲水量は、体重1kgあたり40ml程度です。

4kgの猫なら160mlの計算ですが、手作り食やウェットタイプのフードを食べていると、ほとんど水を飲まない猫もいるので注意が必要です。

猫が新鮮な水を、いつでも飲めるようにしておきましょう。

猫が移動する範囲には、猫が飲みたい場所で飲めるようにしておくなど、ちょっと工夫が必要です。

トイレはいつも清潔に保ち、適度に運動させることで水が飲みたくなる環境を整えましょう。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
最近チェックした商品
ようこそ、にくきゅう堂へ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

最近チェックした商品
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

公式Twitter運営中!
にくきゅう堂公式twitter

SALE速報/お役立ち情報を発信中!

にくきゅう堂コラム
にくきゅう堂コラム

ペットのこと、おくすりのこと、知って役立つ記事を更新中!

お知らせお知らせ一覧
上へ