マルボフロキサシン(ゼナキル錠)
  • マルボフロキサシン(ゼナキル錠)
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

マルボフロキサシン(ゼナキル錠)

更新日:
マルボフロキサシン(ゼナキル錠)は、細菌性皮膚炎などの感染症を治療する、犬猫兼用の抗菌剤です。
幅広い細菌に対して強い効果を発揮します。
  • 膿皮症、皮膚細菌感染症、呼吸器細菌感染症、膀胱炎、尿路感染症などの治療

有効成分:マルボフロキサシン

ご注文

50mg 5錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,600(1,6001箱あたり
48
カゴに入れる
3箱
4,100(1,3661箱あたり
123
カゴに入れる
5箱
6,500(1,3001箱あたり
195
カゴに入れる
10箱
12,200(1,2201箱あたり
366
カゴに入れる

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

マルボフロキサシン 50mg

商品詳細

マルボフロキサシンは、犬猫兼用のニューキノロン系抗菌剤で、国内ではゼナキル錠の名称で販売されています。

広域な細菌に対し強い効果を発揮し、抗菌スペクトル、抗菌力、持続力を兼ねそろえています。
細菌のDNAの増殖を抑制することで死滅させ、犬、猫の細菌感染による皮膚炎などの感染症を治療します。

高い血漿中濃度を速やかに得ることができ、優れた即効性、有用性を有しています。

現在までに、スタフィロコッカスアウレウス、スタフィロコッカスインターメディウス(ブドウ球菌)、パスツレラムルトシダへの有用性が確認されています。


投与方法・使用方法

1日1回、2.75~5.5㎎/体重1kgの量を原則として、5~7日間経口投与してください。7日間の投与後に、ペットの症状を観察した上で、追加投与する必要がある場合、投与開始から2週間を上限とし、適切な期間与えるようにしてください。

副作用

嘔吐、元気消失、食欲不振、下痢などがみられることがあります。
犬における安全性試験においては、常用最高量である5.5㎎/体重1kgでの投与初期に、一過性の軽度な摂餌量の減少が報告されています。
また、高容量の投与により、アレルギー反応がみられる場合があります。
猫では、フルオロキノロン剤の高容量の投与により、網膜の生涯が報告されております。
人においては極めて稀に、重篤な低血糖があらわれる報告があります。

注意事項

本剤は、獣医師などの処方箋・指示により使用してください。
本剤は、効果効能において定められた適応症の治療にのみ使用してください。
本剤は、定められた用法用量を厳守してください。
なお、用法用量に定められた期間以内の投与であってもそれを反復する投与は避けてください。
すりつぶして投与しないでください。(有害事象がみられることがあるので)
小児の手の届かないところに保管してください。
直射日光、高温及び多湿を避け、室温で保存してください。
他の容器に入れ替えないでください。
使用済みの容器は、地方公共団体条例等に従い処分してください。
本剤を廃棄する際は、環境や水系を汚染しないように注意し、地方公共団体条例等に従い処分してください。

メーカー

インタスファーマ
上へ