イパキチン
  • イパキチン
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

イパキチン

更新日:
犬や猫の慢性腎不全における腎機能をサポートするためのサプリです。配合成分のキトサンと炭酸カルシウムは血中内に腎機能を低下させるリンや毒素を除去する作用があり、腎不全の悪化や尿毒症の発症を予防します。
  • 犬猫の慢性腎不全の腎機能サポート

有効成分:ラクトース、炭酸カルシウム、キトサン、大豆タンパク加水分解物

ご注文

180g

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
6,100(6,1001本あたり
183
カゴに入れる

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

ラクトース、炭酸カルシウム、キトサン、大豆タンパク加水分解物

商品詳細

イパキチンは犬や猫の慢性腎不全における腎機能をサポートするための治療用サプリメントです。

有効成分の炭酸カルシウムキトサンが、食物に含まれるリンと老廃物を消化管内で吸着し、毒素を排出します。
療法食との併用もでき、無味無臭のパウダータイプなのでフードの味を損うことなくスムーズに投与ができます。

【分析成分】
粗灰分:10%、粗タンパク質:4%、カルシウム:3.7%、水分:2.5%、粗繊維:0.5%、粗製油・粗脂肪:0.5%、カリウム:0.024%、ナトリウム:0.015%、リン:0.01%

【慢性腎不全】
慢性腎不全は高齢の犬や猫に発症しやすい病気です。

腎臓は体外へ排泄されるべき物質を血液からろ過して尿として排泄したり、身体の体液量や電解質バランスの調整、造血ホルモンの分泌なども調節する働きがあります。

慢性腎不全により腎機能が低下すると血中に毒素がたまり、嘔吐や下痢、脱水症状があらわれ、尿毒症や多臓器不全に繋がり、時には命を失う危険もあります。

人間であれば人口透析で毒素を取り除く処置を行いますが、犬猫の治療法は食事療法と消化器官内のリンを除去するリン吸着剤治療が主になります。

投与方法・使用方法

1日2回、下記の量を目安に、フードに混ぜてご使用ください。

【投与量の目安】
体重 1回あたりの給与量(付属スプーンすりきり)
2.5kg以下 スプーン1/2杯
2.5kg~5kg スプーン1杯
5kg~10kg スプーン2杯
10kg~15kg スプーン3杯
※15kg以上は5kg毎に付属スプーン1杯(1g)追加してご使用ください。

副作用

特に副作用は報告されておりませんが、異常が出た場合は使用を中止し、獣医師または医師へ相談してください。

注意事項

直射日光を避け、涼しい場所に保管してください。
必ずペットの体重に合った用量をお守りください。
異常が出た場合は使用を中止し、獣医師または医師へ相談してください。

メーカー

ベトキノール・ゼノアック
上へ