スポラノックスジェネリック
  • スポラノックスジェネリック
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

スポラノックスジェネリック

更新日:
次回7月中旬入荷予定
スポラノックスジェネリックはマラセチア性皮膚炎、皮膚糸状菌症の治療に有効な犬と猫用のお薬です。

アゾール系の有効成分イトラコナゾール配合で、真菌の細胞膜合成を阻害することで症状を改善します。
  • 犬猫
  • マラセチア性皮膚炎
  • 皮膚糸状菌症
  • かゆみ
  • 赤み

有効成分:イトラコナゾール

ご注文

7錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,200(2,2001箱あたり
66
売切れ

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

イトラコナゾール100mg

商品詳細

【商品の特徴】
・犬と猫用の抗真菌剤
・マラセチア皮膚炎、皮膚糸状菌症治療
・お財布に優しいジェネリック

【犬と猫用の抗真菌剤】
スポラノックスジェネリックは犬と猫用の抗真菌剤で、マラセチア皮膚炎や皮膚糸状菌症を治療する犬と猫用のお薬です。
有効成分イトラコナゾール配合で、真菌感染による症状を緩和します。

【有効成分イトラコナゾール】
マラセチアは常在菌ですが、免疫力が低下したり病気などが原因で、皮脂のバランスが崩れることで爆発的に増え、皮膚炎などの症状を発症してしまいます。

有効成分イトラコナゾールは、真菌の細胞膜の合成を阻害することで真菌が育たなくなり、やがて死滅します。
この作用により、マラセチア皮膚炎や皮膚糸状菌症の症状を改善します。

【お財布に優しいジェネリック】
スポラノックスという先発薬のジェネリック医薬品です。
同じ有効成分で、同等の効果を得ることができますが、お求めいただきやすい価格設定となっております。

投与方法・使用方法

【犬猫】※参考量
・1日1回体重1㎏あたり5~10㎎
・投与量、投与回数は獣医師の治療法や症状により変わります。

副作用

・お腹の痛み、肝機能障害、下痢、嘔吐、湿疹
・長期間上記の副作用が続く場合は獣医師の診察を受けてください。

注意事項

・本剤は抗真菌剤であり細菌感染には効果がありません。
・食事に混ぜる際は量を少なめ混ぜるようにしましょう。
・常温保存(15°-25°C) して下さい。
※使用禁忌・併用禁忌
・妊娠中や授乳中のペットには使用できません。

メーカー

シプラ
上へ