配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文11:00~18:00
電話注文も承っております。
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、法令の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

フィラリア予防薬

ミルベマイシンA錠2.5mg小型犬用(5~10kg)
ミルベマイシンA錠2.5mg小型犬用(5~10kg)
小型犬用のフィラリア予防薬ミルベマイシンオキシムの錠剤です。1ヶ月1回の投薬で犬糸状虫症を予防します。また、消化器官内の寄生虫(回虫、鉤虫、鞭虫)に対しても強い駆虫効果を発揮します。
内容量: 1箱6錠
有効成分: ミルベマイシンオキシム2.5mg
効果: 犬糸状虫症予防、犬回虫及び犬鉤虫の駆除、犬鞭虫の駆除
メーカー: エランコ
ミルベマイシンA錠2.5mg小型犬用(5~10kg) 2.5mg
個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
2.5mg × 6錠 ¥833 ¥5,000 ¥666 ¥4,000 240pt 購入する
2.5mg × 12錠 ¥833 ¥10,000 ¥633 ¥7,600 456pt 購入する
2.5mg × 18錠 ¥833 ¥15,000 ¥600 ¥10,800 648pt 購入する
その他のサイズはこちら
ミルベマイシンA錠2.5mg小型犬用(5~10kg) ミルベマイシンオキシム2.5mg
ミルベマイシンA錠5mg中型犬用(10~20kg) ミルベマイシンオキシム5mg
ミルベマイシンA錠10mg大型犬用(20~40kg) ミルベマイシンオキシム10mg

※体重が当てはまらない場合は適切な錠剤を組み合わせてご使用ください。
商品詳細
体重5~10kgの小型犬用のお薬です。

ミルベマイシンA錠はノバルティス(現エランコ)のフィラリア予防・消化器官内寄生虫駆除薬です。
蚊の発生の1ヶ月後から終息の1ヶ月後まで毎月1回の経口投与を続けることで、フィラリア症の発症を100%ブロックします。
また、同時にお腹の中の寄生虫も一掃できるため、これ一つでワンちゃんの体内をクリーンに保つことが出来ます。

同様の効果があるフィラリア予防薬もありますが、複数の駆虫成分が配合されているため、ワンちゃんの身体にあまり負担をかけたくないという飼い主様にはこちらをおすすめします。
使用方法
投薬を開始する前に必ず動物病院でフィラリアの有無を検査し、陰性であることを確認してください。

フィラリア症の予防
犬の体重5~10kgあたり、1錠を毎月1回、1ヵ月間隔で経口投与します。投薬期間は、蚊の発生から蚊の発生終息1ヵ月後までの期間になります。(ミルベマイシン オキシムとして体重1kg当たり0.25~0.5mg)

犬回虫及び犬鉤虫の駆除
犬の体重5~10kgあたり、1錠を1回経口投与します。(ミルベマイシン オキシムとして体重1kg当たり0.25~0.5mg)

犬鞭虫の駆除
犬の体重2.5~5kgあたり、1錠を1回経口投与します。(ミルベマイシン オキシムとして体重1kg当たり0.5~1.0mg)
注意事項
・必ずペットの体重に合った適切な製品をお使いください。
・犬以外の動物に投与しないでください。
・投与を開始する前には必ずフィラリアの血液検査を行い、ミクロフィラリアがいないことを確認してください。
・妊娠中や授乳中のペットに与える場合は事前に獣医師にご相談ください。
副作用
・副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けて下さい。
・稀に、下痢、軟便が認められることがあります。
・フィラリア感染犬に投与した場合、元気消失、食欲不振、嘔吐、呼吸速迫、大静脈症候群等の症状が現れることがあります。

ミルベマイシンA錠2.5mg小型犬用(5~10kg)の口コミ口コミを投稿する

  • 満足度

    海外発送の商品で、パッケージも外国製でしたが、商品自体は病院処方のものと同じでした。 愛犬に与えてみましたが特に異常はみられず、しっかり効いてくれているのであれば、この価格はお買い得です。

  • 満足度

    時々ネット上でイベルメクチンのコリー種に対する副作用のリスクについて、中途半端な理解で大騒ぎしているブログや知恵袋の投稿などを散見します。 コリー種へのイベルメクチンの投与で副作用が発現するのは高濃度で投与した場合であり、フィラリア予防のために用いるイベルメクチンの濃度は非常に低用量なため、必要以上に心配する必要はないはずなのですが。 ネットはソースが怪しい情報でも、衝撃的なほど拡散されていくので、気がつけば誤った情報が蔓延してしまい、さもそれが本当の事であるように思えるものです。その意見が誰の発言(獣医師、研究者)なのかに注意されることをお勧めします。

  • 満足度

    動物病院で1ヶ月分処方して頂いた薬と同じ物が安く購入できました。

  • 満足度

    我が家にはシェルティがいるのですが、フィラリア予防のシーズンに今まで動物病院から処方されていたイベルメックがコリー種には危険な成分だと知りショックを受け、ネットでミルベマイシンを買う事にしました。

口コミを投稿する

商品名

満足度

口コミ

この商品を買った人はこんな商品も買っています

TOPに戻る