配送番号検索
お荷物の配送状況を検索できます。
お知らせした番号をご入力下さい。
あんしん保証
全てメーカー正規品
商品の確実なお届け
100%保証!!
商品カテゴリー
電話注文10:00~18:00
【年中無休】電話注文受付
日本語サポートセンター
電話注文受付け
注文専用の電話番号です。
お荷物の追跡状況など、ご注文以外に関しましてはこちらよりお問い合わせ下さい。
また、商品の効果・副作用につきましては、法令の関係でお答え出来ませんので予めご了承下さい。
FAX注文24時間受付中
FAX注文も承っております。
下記よりFAX注文用紙を印刷してください。
FAX注文用紙ダウンロード
メール注文24時間受付中
メール注文も受け付け中。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。
メーカー別商品一覧

アビガン・ジェネリック(ファビピラビル)

更新日:
アビガン・ジェネリック(ファビピラビル)
アビガン・ジェネリック(ファビピラビル)
抗インフルエンザウイルス薬アビガンのジェネリック薬となります。
新型または再興型インフルエンザウイルスに対する治療薬として、国内で製造・販売承認された薬です。
他のインフルエンザウイルス治療薬では効果が不十分の場合のみ、使用する薬となります。
内容量: 1箱/18錠
有効成分: ファビピラビル 200mg/800mg
効果: 新型、もしくは再興型インフルエンザウイルス感染症
メーカー: グレンマーク・ファーマシューティカルズ
アビガン・ジェネリック(ファビピラビル) 800mg×16錠 200mg×2錠
個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 価格 1錠 価格
18錠 ¥1,111 ¥20,000 ¥888 ¥16,000 480pt 売り切れ
成分一覧
ファビピラビル
商品説明
アビガン(ファビピラビル)は新型、もしくは再興型インフルエンザウイルスに対する治療薬として、国内での製造販売、そして承認を取得した抗インフルエンザウイルス薬です。

他の抗インフルエンザウイルス薬が効かない、または効果が不十分と判断された場合にのみ、使用が検討される薬です。

【商品の特徴】
コロナ治療薬候補として治験中の薬
・重症化したインフルエンザにも効果がある
・致死率が高い事で知られているエボラウイルス症にも効果がある

【有効成分ファビピラビル】
タミフルのような既存薬は、細胞内にウイルスを閉じ込めて増殖を防ぎます。

それに対してファビピラビルは、感染した細胞内で、ウイルスの遺伝子複製を阻害する事で増殖を防ぎます。


タミフルなどの既存薬がウイルスを細胞に封じて増殖を防ぐのに対し、ファビピラビルは、インフルエンザウイルスに感染した細胞内でウイルスの遺伝子複製にかかわるRNAポリメラーゼを選択して阻害し、増殖を防ぎます。


COVID-19の増殖の仕方がインフルエンザウイルスと似ているため、ファビピラビルにCOVID-19の増殖を抑える効果が期待できるため注目を集めています。


【新型コロナウイルス感染症へのアビガンの治療効果】
インフルエンザの増殖を阻害する効果のあるアビガンがCOVID-19にも有効なのではないかと注目を集めていますが、現時点ではまだ臨床試験を実施中です。

安全性と有効性がまだ確率されていないため、アビガンはまだコロナ治療薬としては承認されていません。


医師の指示による服用ではない場合や、適応外での使用等は副作用が出る恐れがありますので、十分に注意するようにしてください。
使用方法
成人:1日目は1回2錠(800mg2錠+200mg1錠=1800mg)を2回服用

2日目以降は800㎎1錠を1日2回服用

最長14日間
注意事項
・新型コロナウイルス治療へのアビガンの有効性は現時点では確率されていないので、適応外での使用は控えてください。

・アビガンに対し既往歴のある方は服用できません。

・妊婦、または妊娠している可能性のある女性は服用できません。

・小児の服用はできません。

・生理機能が低下している高齢者はまわりの方が状態を観察しながらの服用となります。

・他の薬を使用している、または他の薬を新たに服用する場合は、医師、または薬剤に必ず相談してください。

・転落等の事故につながる恐れのある異常行動が現れる恐れがあります。発熱から二日以内に、就学以降の小児・未成年者の男性に発現する事が多いと報告されているので、対象者は特に気をつける事。

・自宅で服用する場合、発熱から2日間は転落等の事故防止対策を行って下さい。
副作用
【重大な副作用】
(1)異常行動(頻度不明)

因果関係ははっきりしていないが、インフルエンザ罹患時には、急に走り出す、徘徊するなど転落等に至る恐れのある異常行動が現れる場合がある。

(2)類薬(抗インフルエンザウイルス薬)で現れる重大な副作用

 ・ショック、アナフィラキシー

 ・劇症肝炎、肝機能障害、黄疸

 ・肺炎

 ・皮膚粘膜眼症候群

 ・白血球減少、好中球減少、血小板減少

 ・中毒性表皮壊死融解症

 ・出血性大腸炎

 ・急性腎障害

 ・精神神経症状(意識障害、せん妄、幻覚、妄想、けいれん等)

TOPに戻る