フロントラインジェネリック
  • フロントラインジェネリック
  • フロントラインジェネリック
  • フロントラインジェネリック
  • フロントラインジェネリック
  • フロントラインジェネリック
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

フロントラインジェネリック

更新日:
フロントラインジェネリックはノミ・マダニ駆除薬です。

一度の投与で1か月効果が持続します。

錠剤が苦手な犬も投与が簡単なスポットタイプ(滴下式)です。
  • ノミ及びマダニの駆除

有効成分:フィプロニル

ご注文

小型犬用(10kg未満)1本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,000(1,0001箱あたり
30
カゴに入れる

中型犬用(10~20kg)1本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,200(1,2001箱あたり
36
カゴに入れる

大型犬用(20~40kg)1本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,000(2,0001箱あたり
60
カゴに入れる

超大型犬用(40~60kg)1本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,800(2,8001箱あたり
84
カゴに入れる

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

小型犬用(10kg未満)
フィプロニル97mg/1mL 0.67mL/1本

中型犬用(10~20kg)
フィプロニル97mg/1mL 1.34mL/1本

大型犬用(20~40kg)
フィプロニル97mg/1mL 2.68mL/1本

超大型犬用(40~60kg)
フィプロニル97mg/1mL 4.02mL/1本

商品詳細

【犬用のノミ・マダニ駆除薬】
フロントラインジェネリックは、犬用のノミ・マダニの駆除薬です。
投薬後、全身に広がるため、ノミ・ダニを完全に駆除することができます。

【有効成分フィプロニルの効果】
・ノミ:12~18時間で駆除
・マダニ:48時間以内に駆除
・持続期間:1.5~3か月

ノミは成虫を12~18時間で駆除することで、成虫が散乱するよりも前に駆除することができるため、繁殖を防ぐことができます。

また、マダニの場合はマダニ媒介性疾患のリスクが高まる48時間以内に駆除することができるため、マダニがもたらす疾病を予防することができます。

【投与後すぐに水浴び・シャンプーもOK】
有効成分のフィプロニルは、投与後、すぐに体表上の脂分に溶け、全身に広がります。
その後、皮脂を分泌する「皮脂腺」内に蓄えられ、皮脂と同時に皮膚や被毛に放出されます。

この効果により、高い持続性が可能となり、お風呂、シャンプーや雨の影響を受けにくくなります。

【フロントラインのジェネリック】
大人気のフロントラインと有効成分、効果効能、用法容量が同じですが、ジェネリック医薬品のため、フロントラインよりもお安くお買い求めいただけます。

※パッケージデザインは発送時期により異なります。

※新しい有効成分配合のフロントラインプラスのご用意もございます。
ノミ・マダニの駆除効果+卵のふかも阻止するため、ノミの繁殖と再寄生まで予防!
販売ページはこちら⇒ フロントラインプラス


投与方法・使用方法

フロントラインジェネリックは1本のピペットで一回分です。
皮脂を洗い流してしまうと成分が広がらないため、投与の前後2日間は入浴させないようにします。


STEP1
パッケージから透明なピペットを1本取り出して下さい。

STEP2
薬剤がこぼれないようノズルを上に向け、ノズルの先端をねじ切ります。

STEP3
ペットの首筋(肩甲骨の間)の1ヶ所に薬液を絞り出して滴下します。
体毛をかき分けて皮膚が見えるようにし、皮膚の上に直接垂らします。

STEP4
薬液の全量を投与したことを確認して、自然乾燥させてください。

副作用

・溶媒にアルコール分等を含むため、刺激で皮膚のかぶれがみられる場合があります。
・有効成分に対する副作用はほとんどありませんが、本剤使用後に異変がみられた場合は医師へご相談ください。

注意事項

・必ずペットの種類と体重に合った製品をお選びください。
・12週齢未満の猫には、本剤を使用しないでください。
・犬以外の動物に使用しないでください。特にウサギには使用しないでください。
・衰弱、高齢、妊娠中または授乳中のペットに与える場合は慎重に投与して下さい。
・本剤を乾燥前にペットが舐めた場合、一過性の流涎がみられることがあります。投与部位を動物が舐めないように注意して下さい。
・使用後2日間は、水浴やシャンプーを控えてください。
・ほかの薬剤との禁忌は報告されていませんが、併用する場合は医師へご相談ください。

メーカー

インタスファーマ
上へ