メチマゾールスポットオン猫用
  • メチマゾールスポットオン猫用
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

メチマゾールスポットオン猫用

更新日:
メチマゾールスポットオンは猫の甲状腺機能亢進症治療薬です。

甲状腺機能亢進症によって起こる以下の症状を改善します。



・過剰な新陳代謝

・体重減少

・多飲、多尿

・嘔吐

  • 甲状腺機能亢進症

有効成分:メチマゾール

ご注文

1ml 3本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
9,400(9,4001箱あたり
282
カゴに入れる

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

1mlあたり:メチマゾール100mg(10% w/v)、NMP(メチルピロリドン) 1~10% w/v

商品詳細

【商品の概要】
・猫のための甲状腺機能亢進症治療薬
・楽に投与できる、スポットオンタイプ
・投与量が計測しやすいシリンジ入り


甲状腺機能亢進症の治療薬
甲状腺機能亢進症とは、甲状腺が肥大し、ホルモンの分泌量の自己コントロールができなくなってしまう病気です。
有効成分メチマゾールはホルモンの合成を抑える効果があります。
ホルモンの合成を抑制し、分泌を減らす事で、甲状腺機能亢進症に伴う様々な症状を改善します。

猫と甲状腺機能亢進症
猫は年をとると甲状腺が肥大する事が多いので、甲状腺機能亢進症は猫にとってわりと身近な病気です。
1度発症してしまうと、自分でホルモンの分泌量をコントロールできなくなってしまうため、一生治療薬が必要となります。

投薬はひと塗りするだけ
本剤のようなシリンジ入りタイプが登場するまでは、錠剤タイプの治療薬しかありませんでした。
錠剤だと毎回の服用が大変でしたが、猫の耳の内側にひと塗りするだけで良いスポットオンタイプだと、飼い主さんと猫ちゃん双方の負担が軽くすむので楽に投薬できます。

必要量が計測しやすいシリンジ入り
本剤は毎日1回に付き0.1mlを、同じ時間に耳の内側、あまり毛の生えていないところに塗布します。
必要量が計測しやすいシリンジ入りなので使いやすいお薬となっています。

また、指サック30回分(60枚)も付属でついているため、毎回新しい指サックで塗布することができ、安全に使うことができます。


参考

SAFETY DATA SHEET Methimazole Spot On(外部リンク)


投与方法・使用方法

・薬を塗るために使う飼い主様の親指と人差し指に、指サックを装着する。
・初回の使用の際は、メモリを1mlに合わせる(未使用の状態で約1.1ml含まれている)。
・1mlにメモリを合わせた状態で、指サックを付けた人差し指に塗布分の0.1mlを押し出してのせる。
・猫の耳の内側、あまり毛が生えていない部分に塗布。
※毎日1回、同じ時間に塗布します。
※1回の投与量は0.1ml。
※使用済みの指サックは毎回破棄、指サックをはめていた指はよく洗うこと。

副作用

有効成分による副作用
有効成分による副作用として、通常は以下の症状が2週間以内に現れると報告されています。
意気消沈、血小板減少、嗜眠傾向、血清抗核抗体の発現、下痢、顔面腫脹、掻痒感、皮疹。

2週間を超えて治療を続けても、以下の症状は止まらない可能性があります。
・抑うつ、食欲不振、嘔吐

以下の症状が現れた場合はすぐに薬の使用を中止し、別の治療法(手術、放射性ヨウ素治療)を獣医師と相談してください。
・首の周りが痒くなる
・皮膚や歯茎、目の黄ばみを伴う肝臓の疾患

まれに発症する症状
まれに、以下の症状が現れる場合があります。

・重症筋無力症
筋力が低下するので、飲み込む力が弱くなります。

・好中球減少
病原菌と戦ってくれる好中球が減少し、感染症にかかりやすくなってしまいます。
特に発熱している場合は疑った方が良いです。

注意事項

猫への注意事項
・すでに他の治療薬やサプリを服用している場合は、獣医師に相談してください。
・投薬中に異常がみられた場合は、薬の使用をすぐに中止し、獣医師に相談してください。
・妊娠中、授乳中の猫に使用することはできません。
・自己免疫疾患の症状、血液細胞に障害のある猫へは使用できません。

飼い主様への注意事項
・必ず手袋をしてから投薬してください。
・25℃以下の室温で保管してください。

メーカー

エランコ
上へ