アトピカ内用液 犬猫用
  • アトピカ内用液 犬猫用
  • アトピカ内用液 犬猫用
  • アトピカ内用液 犬猫用
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

アトピカ内用液 犬猫用

更新日:
犬と猫用のアレルギー性皮膚炎の治療薬です。抗ヒスタミン等よりもはるかに重篤な副作用が少なく、長期間の投薬治療に用いられます。猫が好むフレーバーが付いており、投与の負担もありません。


発送時期・注文時期により、パッケージが異なります。
  • 猫の慢性アレルギー性皮膚炎における症状の緩和

有効成分:シクロスポリン

ご注文

5mL

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
7,400(7,4001本あたり
222
カゴに入れる
2本
13,000(6,5001本あたり
390
カゴに入れる
3本
19,000(6,3331本あたり
570
カゴに入れる

17mL

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
18,600(18,6001本あたり
558
カゴに入れる
2本
36,000(18,0001本あたり
1,080
カゴに入れる
3本
50,000(16,6661本あたり
1,500
カゴに入れる

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

アトピカ内用液 犬猫用5mL
シクロスポリン500mg

アトピカ内用液 犬猫用17mL
シクロスポリン1700mg

商品詳細

猫用として流通している商品ですが、海外では犬と猫両用のお薬として販売されています。
※流通国によってパッケージの記載が犬猫用(for cats, for dog)、猫用(for cats)と異なる場合がありますが、成分や商品数は同じ内容となっております。

免疫は身体を守る大事な機能ですが、アレルギーでは免疫機能が本来は働かなくてよい物質に対して過剰に働いてしまって皮膚の炎症などを起こします。
この過剰な免疫反応を抑えるためのお薬が免疫抑制剤であるアトピカです。

有効成分のシクロスポリンが免疫機能の過剰反応を抑制し、症状が緩和される期間を長期的に維持することができます。

同じような作用を持つお薬がありますが、強力な反面、場合によっては副作用が出る場合があり、長期での使用ができません。
しかし、免疫抑制剤であるシクロスポリンは、重篤な副作用が少ないため長期間の治療に用いることが可能です。

また、アトピカ(シクロスポリン)はアレルギーの治療だけでなく、他の免疫疾患の治療でも使用されています。

※製造販売メーカーのノバルティスはエランコに事業統合されました。ロットによりパッケージのロゴが異なる物がありますことをご了承ください。

投与方法・使用方法

必ず獣医師の指示のもとご使用ください。

1日1回、体重1kg当たりシクロスポリン7mg(0.07ml/kg)を基準量として猫の体重に基づいた適量を計ります。
空腹時に少量のフードに混ぜて与えるか、付属のシリンジを用いて直接飲ませます。
アレルギー性皮膚炎の改善が認められるまで4〜8週間、毎日投与します。
症状の改善が認められた場合には、医師の指示により症状に応じて投与間隔を隔日または週2回に減らします。ただし、投与期間は8週間を超えないこと。投与量の調整は獣医師の診断の指示で行なってください。

副作用

・免疫抑制剤であるため、使用により猫の免疫機能が損なわれる可能性があります。
・皮膚のいぼ状病変、被毛状態の変化や、歯肉、耳介、肉球に変化がみられる場合があります。
・食欲不振、嘔吐、軟便、下痢などの胃腸障害がみられる場合があります。
・腎機能や肝機能に影響が出る場合があります。
・異変がみられた場合は速やかに獣医師にご相談ください。

注意事項

・獣医師の診断なしに使用しないでください。
・使用禁忌があります。併用する薬がある場合は必ず医師にご相談ください。
・ノミアレルギー性皮膚炎を併発している場合は、完治するまで使用しないでください。
・感染症がある場合は、悪化する可能性があるため、完治するまで使用しないでください。
・猫以外の動物へは使用しないでください。
・6ヶ月齢未満、体重2kg未満の猫には使用しないでください。
・妊娠、授乳中の猫への投与はできません。

メーカー

エランコ
上へ