カルダリス犬用
  • カルダリス犬用
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

カルダリス犬用

更新日:
カルダリスは、犬のうっ血性心不全の治療薬です。
ベナゼプリル塩酸塩とスピロノラクトンの2種類の有効成分で、血管を拡張し、余分な水分を対外へ排出させ、犬の心臓病を治療します。
  • 犬用心不全治療薬
  • 心不全
  • 僧帽弁閉鎖不全症
  • 利尿剤
  • 血管拡張

有効成分:ベナゼプリル塩酸塩、スピロノラクトン

ご注文

10mg/80mg 30錠入り

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
8,600(8,6001本あたり
258
カゴに入れる
2本
16,300(8,1501本あたり
489
カゴに入れる
3本
23,300(7,7661本あたり
699
カゴに入れる

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

ベナゼプリル塩酸塩10mg、スピロノラクトン80mg

商品詳細

【新しい犬のうっ血性心不全治療薬】
カルダリスは、犬のうっ血性心不全治療薬として、新しく開発されました。
ベナゼプリル塩酸塩とスピロノラクトンの二つの有効成分で、うっ血性心不全を改善します。

【有効成分:ベナゼプリル塩酸塩・スピロノラクトン】
・ベナゼプリル塩酸塩
血管を収縮させる酵素(アンジオテンシンⅡ)を阻害し、抹消血管を拡張させることで、心臓への負担を抑える働きがあります。

・スピロノラクトン
体内にある余分な水分を体外へ排出させる、カリウム保持性利尿剤です。
心臓への負担を減らす効果があります。

【おいしく投薬・元気に長生き】
愛犬が大好きなビーフフレーバーなので、錠剤が苦手な子も喜んで食べてくれます。
嫌いな投薬の時間はおやつの時間に早変わり!

愛犬にとっても飼い主さんにとってもフレーバー付きチュアブルはメリットだらけです。




投与方法・使用方法

・体重1kgあたり、ベナゼプリル塩酸塩0.25mg、スピロノラクトン2mgを1回量とする。
・1日1回経口投与。
・食事と同時の投与が推奨されます。

副作用

・嘔吐、軟便、下痢
・降圧作用により、ふらつきや虚脱がみられることがあるため、初回投与後は特に注意深く観察してください。
・副作用が確認された場合には、速やかに獣医師の診察をお受けください。

注意事項

・妊娠犬及び哺乳犬に対する安全性は確立されていません。
・妊娠中及び授乳中の犬には投与しないでください。
・やむを得ず、搾乳中の犬に投与する場合には、授乳を中止してください。
・投薬を開始前~投薬中は腎機能および血清カリウム量を評価する必要があります。
・重度な肝障害を有する犬には慎重に投与してください。
・大動脈弁狭窄症または肺動脈弁狭窄症による心拍出量低下が認められる場合は使用しないでください。
・他の血圧降下剤(利尿剤、ベータ遮断剤、カルシウム拮抗剤)や降圧作用のある麻酔剤と併用すると本剤の効果が高まることがあります。
・他のカリウム保持性利尿剤と併用しないでください。(特に腎機能低下動物では血清カリウム値が上昇することがあります。)
・非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDS)と併用する場合は慎重に投与してください。
・ジゴキシンと併用する場合は慎重に投与してください。
・デオキシコルチコステロンと併用する場合は本剤の効果が低下することがあります。
・スピロノラクトンの抗アンドロゲン作用のため、成長期の犬への投与は推奨されません。

メーカー

Ceva Sante Animale
上へ