フィプロフォートプラス
  • フィプロフォートプラス
  • フィプロフォートプラス
  • フィプロフォートプラス
  • フィプロフォートプラス
  • フィプロフォートプラス
  • フィプロフォートプラス
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

フィプロフォートプラス

更新日:
猫犬用のノミ、マダニの駆除薬です。フロントラインプラスのお買い得なジェネリックです。ノミ、マダニを速やかに駆除でき、更にノミの卵の孵化や幼虫の成長も阻害するためノミ退治に有効です。
  • ノミ、マダニ及びハジラミの駆除 ノミ卵の孵化阻害及びノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生予防

有効成分:フィプロニル、(s)-メトプレン

ご注文

猫用 3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,000(2,0001箱あたり
60
カゴに入れる

小型犬用(10kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,100(2,1001箱あたり
63
カゴに入れる

中型犬用(10~20kg)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,200(2,2001箱あたり
66
カゴに入れる

大型犬用(20~40kg)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,400(2,4001箱あたり
72
カゴに入れる

超大型犬用(40~60kg)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,700(2,7001箱あたり
81
カゴに入れる

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

猫用
フィプロニル50mg、(s)-メトプレン60mg

小型犬用(10kg未満)
フィプロニル67mg、(s)-メトプレン60.3mg

中型犬用(10~20kg)
フィプロニル134mg、(s)-メトプレン120.6mg

大型犬用(20~40kg)
フィプロニル268mg、(s)-メトプレン241.2mg

超大型犬用(40kg以上)
フィプロニル402mg、(s)-メトプレン361.8mg

商品詳細

フィプロフォートプラスは人気のフロントラインプラスのジェネリック医薬品でノミ・マダニ駆除薬になります。

有効成分はフィプロニルと(s)-メトプレンの2つが配合され、ノミの成虫、マダニの駆除だけではなく、ノミを卵から孵化させない効果もあり、合わせてノミの幼虫も駆除することが出来るのでノミを根絶することが出来ます。

フィプロフォートプラスはスポットオンタイプで薬が苦手な猫や犬にはとても便利です。
薬液をペットの首筋や肩甲骨の間に垂らすことで、有効成分が皮脂線を伝って速やかに全身をカバーするのでノミやマダニが寄生してもすぐに駆除されます。

駆除効果は約1ヶ月持続するため、毎月の投与で犬や猫を常にノミやマダニから守ることで感染症の予防にもなります。


【ノミへの効果】
有効成分フィプロニルにより、投与後24時間以内に体表に付着した成虫を100%駆除。ノミの産卵前に殺すことができるため、繁殖を防ぐことができます。
有効成分(s)-メトプレンの成長阻害効果で、万が一産まれてしまった卵も孵化を阻害し、予めいた幼虫に対しても殺効果と成長阻害効果により成虫になることがありません。
これにより、ノミのライフサイクルを止め、生息する環境ごと一掃します。

【マダニへの効果】
フィプロニルの作用で48時間以内に駆除します。マダニは感染性の病原菌を持っていることがあり、その感染は吸血開始から48時間以降とされていますが、危険な菌の感染より前に駆除することでペットの健康を守ります。


ノミ、ダニは春から秋(6~8ヶ月間)にかけて活発化します。活動期間内は月に1度の投与をお勧めします。
※地域によって服用期間が変わります。

投与方法・使用方法

定期的に投与を行うことで寄生虫の危険からペットを保護します。
次回の投与は、寄生虫を防御する期間を考慮して行います。

ペットが直接触れたり舐めたりできない位置、猫は首筋、犬は肩甲骨の間の1ヶ所に薬液を絞り出して滴下します。
皮膚が見えるように被毛をかき分けて、直接皮膚の上に垂らすようにします。

薬液の全量を投与したことを確認して、自然乾燥させてください。
本剤投薬後は犬は24時間、猫は48時間は水浴びやシャンプーを控えてください。

副作用

・溶媒にアルコール分等を含むため、刺激で皮膚のかぶれがみられる場合があります。
・異常が出た場合は使用を中止し、獣医師の診察を受けてください。

注意事項

・体重にあわせた用量を守って投与してください。
・内容液を直接手で触ってはいけません。
・衰弱、高齢、妊娠中あるいは授乳中の犬には、慎重に投与すること。
・生後8週齢の子犬・子猫から投与することができます。
・本剤を使用後犬は1日間、猫は2日間は水泳やシャンプーは行わないでください。
・犬猫以外の動物には使用しないでください。特にウサギには使用してはいけません。
・ほかの薬剤との禁忌は報告されていませんが、併用する場合は医師へご相談ください。

メーカー

サバ・ベト
上へ