メロニルプラス
  • メロニルプラス
  • メロニルプラス
  • メロニルプラス
  • メロニルプラス
  • メロニルプラス
  • メロニルプラス
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

メロニルプラス

更新日:
猫犬用のノミ、マダニの駆除薬です。フロントラインプラスのジェネリック医薬品になるため同成分が同量含まれているため効果は同じです。しかも価格が安く日本語の説明書が付属するためとても使いやすいです。
  • ノミ、マダニ及びハジラミの駆除 ノミ卵の孵化阻害及びノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生予防

有効成分:フィプロニル、(s)-メトプレン

ご注文

メロニルプラス猫用 3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,100(2,1001箱あたり
63
売切れ

メロニルプラス小型犬用(10kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,200(2,2001箱あたり
66
カゴに入れる

メロニルプラス中型犬用(10‐20kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,300(2,3001箱あたり
69
カゴに入れる

メロニルプラス大型犬用(20‐40kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,700(2,7001箱あたり
81
カゴに入れる

メロニルプラス超大型犬用(40‐60kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,000(3,0001箱あたり
90
カゴに入れる

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

猫用
フィプロニル50mg、(s)-メトプレン60mg

小型犬用(10kg未満)
フィプロニル67mg、(s)-メトプレン60.3mg

中型犬用(10〜20kg)
フィプロニル134mg、(s)-メトプレン120.6mg

大型犬用(20〜40kg)
フィプロニル268mg、(s)-メトプレン241.2mg

超大型犬用(40kg以上)
フィプロニル402mg、(s)-メトプレン361.8mg

商品詳細

メロニルプラスは犬・猫用で人気のフロントラインプラスのジェネリック医薬品でノミ・マダニ駆除薬になります。

輸入品にはめずらしくパッケージと説明書が日本語になっております。
説明書が英語などの外国語が不安な方にはこちらの商品は安心してお使いいただけます。

フロントラインプラスのジェネリック医薬品にあたり、有効成分はフィプロニルと(s)-メトプレンの2つ同用量含まれています。
フィプロニルの優れた駆除効果でノミは24時間以内、マダニは48時間以内に一掃することができるため、ノミの産卵とマダニの危険な病原菌の感染をブロックします。
加えて、(s)-メトプレンのノミの成長(孵化や脱皮)を妨げる作用で、卵や幼虫が成虫になる前に全滅させるため、ノミのライフサイクルを断ち切り、繁殖の阻害と生息環境ごと根絶します。

1回の投与で効果は1ヶ月継続しますので、毎月の定期投与でペットの健康をしっかりとガードします。
また、有効成分はペットの体表にある皮脂線に蓄えられるので、水浴びやシャンプーをして成分を洗い流してしまっても、皮脂線からまた分泌されますので、効果が落ちることはありません。

8週齢以上の子猫からお使い頂けます。

投与方法・使用方法

定期的に投与を行うことで寄生虫の危険からペットを保護します。

メロニルプラスは1本のピペットで一回分です。

ブリスターからピペットを1本取り出し、ノズルの先端を開封します。

ペットが動かないように固定し、猫は首筋、犬は肩甲骨の間の皮膚が見えるように被毛をかき分けて押さえます。
皮膚にピペットの先端をあて、1ヶ所に薬液を絞り出して全量を滴下します。
※大型犬用以上は薬液の量が多いため、背中に添って2〜3か所に滴下します。

薬液の全量を投与したことを確認して、自然乾燥させてください。
本剤使用後、犬は24時間、猫は48時間は水浴び、シャンプーを控えてください。

副作用

・溶媒にアルコール分等を含むため、刺激で皮膚のかぶれがみられる場合があります。
・有効成分に対する副作用はほとんどありませんが、本剤使用後に異変がみられた場合は医師へご相談ください。

注意事項

・必ずペットの種類と体重に合った製品をお選びください。
・8週齢未満の子猫・子犬には、本剤を使用しないでください。
・犬、猫以外の動物に使用しないでください。特にウサギには使用しないでください。
・衰弱、高齢、妊娠中または授乳中のペットに与える場合は慎重に投与して下さい。
・本剤を乾燥前にペットが舐めた場合、一過性の流涎がみられることがあります。投与部位を動物が舐めないように注意して下さい。
・使用後犬については1日間、猫については2日間は、水浴やシャンプーを控えてください。
・ほかの薬剤との禁忌は報告されていませんが、併用する場合は医師へご相談ください。

メーカー

バジル
上へ