セーフハートチュアブル5mg
  • セーフハートチュアブル5mg
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

セーフハートチュアブル5mg

更新日:
ベトメディンのジェネリック医薬品です。犬用で僧帽弁閉鎖不全症および拡張型心筋症に効果がある心臓薬です。有効成分のピモベンダンは、強心作用と血管拡張作用を併せ持ち、血流障害のうっ血や息切れ、息苦しさなどの症状を改善します。
  • 犬の僧帽弁閉鎖不全症(弁膜症)による慢性心不全に伴う症状の改善

有効成分:ピモベンダン

ご注文

30錠入り

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
3,600(3,6001本あたり
108
カゴに入れる
2本
6,800(3,4001本あたり
204
カゴに入れる
3本
9,700(3,2331本あたり
291
カゴに入れる

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

ピモベンダン5mg

商品詳細

セーフハートチュアブル5mgはベトメディンのジェネリック医薬品となります。

犬用の心臓薬で僧帽弁閉鎖不全症および拡張型心筋症に効果があり、急性心不全、慢性心不全(軽症~中等症)の治療薬として使用します。


有効成分のピモベンダンは陽性変力作用(強心作用)と血管拡張作用を併せ持つ薬剤です。

■陽性変力作用(強心作用)
心筋細胞内の細胞収縮にかかわるタンパク質のカルシウム感受性をあげることにより、心収縮力をあげるものである。息切れや息苦しさなどの症状が改善されます。

■血管拡張作用
血管内皮細胞内にあるホスホジエステラーゼⅢ(PDEⅢ)という酵素を抑制することにより、血管収縮作用を抑制する。(PDEⅢ阻害効果)つまり血管を拡張し、心臓への負荷を軽減します。

他の心臓薬と比較して、心臓への負担が少ないとされています。

※先発薬ベトメディンチュアブルの取り扱いもございます。
販売ページはこちら⇒ ベトメディンチュアブル

投与方法・使用方法

体重1kg当たりピモベンダンとして0.25mgを1回量とし、1日2回、朝夕おおよそ12時間間隔で経口投与する。
餌の時間のおよそ1時間前に投与します。

【投与量の目安】
19~28kg未満: 5mgを1錠
28~37kg未満: 5mgを1錠+1/2錠
37~50kg未満: 5mgを2錠
50~60kg未満: 5mgを2錠+1/2錠
61kg以上: 5mgを3錠

副作用

まれに嘔吐などがみられます。
異常が出た場合は使用を中止し、獣医師または医師へ相談してください。

注意事項

必ず獣医師の指示により使用してください。
体重19kg未満の犬には投与しないでください。
妊娠犬及び哺乳犬に対する安全性は確立されていないので、妊娠中及び授乳中の犬には投与しないでください。
やむ終えず授乳中の犬に投与する場合は、授乳を中止してください。
肥大性心筋症あるいは機能的又は解剖学的に心拍出量の増加が見込めない症例(例えば大動脈弁狭窄症)には使用しないでください。
重度な肝障害を有する犬には慎重に投与してください。
異常が出た場合は使用を中止し、獣医師または医師へ相談してください。

メーカー

サバ・ベト
上へ