アポキル錠(アポクエル)
  • アポキル錠(アポクエル)
  • アポキル錠(アポクエル)
  • アポキル錠(アポクエル)
  • アポキル錠(アポクエル)
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

アポキル錠(アポクエル)

更新日:
※16mg欠品中です。次回12月第2週入荷予定。

犬の皮膚病治療薬人気No.1
アポキル錠は犬のアトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎の治療薬です。
ステロイドを使用していないため、副作用が少なく、多くの動物病院で処方されています。
即効性に優れているため、素早く効き、かきむしりを防ぎます。


発送時期・注文時期により、パッケージが異なります。
  • アトピー性皮膚炎に伴う症状及びアレルギー性皮膚炎に伴う掻痒の緩和

有効成分:オクラシチニブマレイン酸塩

ご注文

3.6mg 20錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
6,000(6,0001箱あたり
180
カゴに入れる
2箱
11,400(5,7001箱あたり
342
カゴに入れる
3箱
16,200(5,4001箱あたり
486
カゴに入れる

5.4mg 20錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
6,500(6,5001箱あたり
195
カゴに入れる
2箱
12,300(6,1501箱あたり
369
カゴに入れる
3箱
17,500(5,8331箱あたり
525
カゴに入れる

16mg 20錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
8,700(8,7001箱あたり
261
売切れ
2箱
16,500(8,2501箱あたり
495
売切れ
3箱
23,500(7,8331箱あたり
705
売切れ

この商品を買った人はこんな商品も買っています

成分一覧

アポキル錠(アポクエル)3.6mg
オクラシチニブマレイン酸塩3.6mg

アポキル錠(アポクエル)5.4mg
オクラシチニブマレイン酸塩5.4mg

アポキル錠(アポクエル)16mg
オクラシチニブマレイン酸塩16mg

商品詳細

■アポキルの効果

アポキルはアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎の治療薬です。インターロイキン(IL)-31など、かゆみの元になるサイトカインによる、ヤヌスキナーゼ経路のシグナル伝達を選択的に阻害する作用により、かゆみを抑えます。


■アポキルの効果

アポキルがかゆみに有効なポイントは4つあります。・即効性と持続力:投与後4時間以内に効き始め、最大24時間効果が持続し、かゆみを抑える。・推奨度A:『犬アトピー性皮膚炎の治療ガイドライン(2015年アップデート版』にて急性および慢性の犬アトピー性皮膚炎に推奨度A。・高い効果:ステロイド系のかゆみ止めと同等の効果を発揮。・安全性:ステロイド系のかゆみ止めより副作用が少なく、1年以内なら長期投与も可能。


■アポキルは痒みの悪循環を断つ!

かゆみの原因となる主な物質(抗原)はノミ唾液、食物、花粉、室内ダニなど様々です。これらの抗原によりかゆみの発生→ひっかいたり舐めたりする→皮膚の炎症→さらにかゆみ発生…というかゆみの悪循環も、アポキルを使用することで断ち切ることが可能です。

投与方法・使用方法

アポキルは1日2回、体重1㎏あたり有効成分オクラシチニブ0.4㎎を基準として最大14日間投与します。さら継続する場合は1日1回投与とし、また投与期間は1年を超えないようにしてください。

副作用

投与により、一時的な嘔吐及び下痢が見られることがあります。
異常が出た場合は使用を中止し、獣医師または医師へ相談してください。

注意事項

アポキルには6つの注意事項があります。・愛犬の体重に合わせて商品を選択・12ヶ月齢未満、体重3.0㎏未満の犬には使用不可・使用前に細菌、真菌(皮膚糸状菌、マラセチアなど)、寄生虫(ノミ、ヒゼンダニなど)に感染していないか検査を行う・交配予定の犬、妊娠中、授乳中の犬には使用不可・副腎皮質機能亢進症の免疫抑制、または進行性悪性腫瘍の疑いがある犬、重篤な感染症のある犬には使用不可・免疫抑制作用を有する薬剤(ステロイド系抗炎症剤、シクロスポリンなど)、免疫代謝酵素、トランスポーター阻害剤とアポキルの併用は避ける

メーカー

ゾエティス
上へ